美味しさと健康を手に入れるスーパーフルーツ! プルーン

個別食材の栄養素

プルーンは、健康志向の方々や美食家たちの間で人気を博している果物です。

その豊かな風味と数々の健康効果から、日々の食生活に取り入れる価値があると言われています。

プルーンの持つ効能や選び方のポイントについてご紹介します。

プルーンとは?

プルーンは、セイヨウスモモの乾燥果実であり、栄養価が非常に高いことで知られています。

食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、健康維持に役立つスーパーフルーツの一つです。

そんな食物繊維が含まれていて、便秘解消が期待できるプルーン。

抗酸化力のあるアントシアニンも含んでいます。

ジャムやドライフルーツとして食べられることが多いプルーンですが、旬の秋には生のプルーンを楽しめます。

プルーンの栄養成分と効果、おいしい食べ方についてご紹介します。

プルーンの栄養成分と効果

プルーンの栄養成分1・食物繊維

プルーンは水溶性と不溶性の食物繊維をどちらも含んでいます。

なかでも水溶性食物繊維のペクチンは、腸内環境の改善に効果を発揮します。

また、腸での糖の吸収を穏やかにしたり、コレステロールを下げたりする働きもあります。

プルーンの栄養成分2・アントシアニン

ポリフェノールの一種で、野菜や果物の青紫色の色素です。

光の情報を脳に伝えるロドプシンの再合成を促進するため、視力低下や眼精疲労に役立つことがわかっています。

また、がん・動脈硬化・老化などの原因のひとつとなる活性酸素を取り除く抗酸化作用もあります。

プルーンの栄養成分3・β-カロテン(ビタミンA)

β-カロテンは、必要に応じて体内でビタミンAに変換されるカロテノイドという色素のひとつ。

視覚の維持に欠かせない成分で、「目のビタミン」ともよばれます。皮膚や粘膜を正常に保ち、活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

プルーンの栄養成分4・カリウム

カリウムは体内の過剰なナトリウムを排泄し、水分量を適切に保つ作用があります。

塩分の摂り過ぎによるむくみ・高血圧の予防や改善に効果的です。

プルーンのおいしい食べ方

軸が緑色で、表面にブルームという白い粉がしっかりと全体についているものが新鮮です。

ブルームは、プルーン自体が出しているものなので取り除く必要はありません。

皮にアントシアニンが多く含まれているので、皮をむかずにそのまま食べましょう。

刻んでヨーグルトに入れると、善玉菌である乳酸菌も一緒に摂ることができます。

ドライフプルーンをはじめとしたエキス・ジュース・パウダーなどの加工品は、シリアル・サラダ・スムージー・ヨーグルトなどに加えたり、ケーキやパンに混ぜ込んだりと幅広く活用できます。

 低GIで腹持ちがよいという特徴があるので、ドライプルーンを間食にするなどおススメ。

最後に

間食・料理のアクセント・甘みづけなど、さまざまな活用ができるプルーン。

プルーンの魅力を日常生活に取り入れることで、健康的で美味しい食生活を実現できます。

これからもプルーンの新たな楽しみ方や効果について探求し、皆さんと共有していきますので、ぜひお楽しみに。

プルーンを取り入れた生活で、健康と美味しさを手に入れましょう。

でも、プルーンは糖質も含むため、食べ過ぎるとカロリーオーバーにつながります。適量を食べるようにしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました