個別食材の栄養素

個別食材の栄養素

女性の体は賢い! 女性の好きな さつまいもの栄養素

秋の味覚「さつまいも」。 勝手なイメージかも知れませんが、多くの女性が大好きな食べ物。 なんとそんなさつまいもには、 ビタミンCビタミンB群ビタミンE食物繊維 など、そのほかにもさまざまな栄養素が含まれています。 ...
個別食材の栄養素

野菜なのにタンパク質? 実はブロッコリーって凄いんです!

野菜は、健康にいい。 筋トレも健康にいい。 しかし筋トレ民にとっての定番食材といえば、卵・鶏むね肉などのタンパク質がメインと思いませんか? トレーニングをしている方のSNSの食事の投稿をのぞいてみると、卵・鶏むね肉に加え...
個別食材の栄養素

和菓子に欠かせない小豆のお話

小豆と言えば、大福やたい焼き、今川焼、おはぎ、牡丹餅など和菓子には欠かせない大切な食材です。 小豆は自然な赤色で、お祝いの食事に彩りを添えてもくれます。 そんな小豆は、サポニン・カリウム・食物繊維を含んでいて、女性には嬉しい、...
個別食材の栄養素

実は危険な食べ物? ヒ素を含む海藻ひじき

2004年英国食品規格庁は、ひじきには多くのヒ素が含まれるということから、英国民にひじきを食べないように勧告を出しました。 日本でも一部のマスメディアで取り上げられたことから気になっている人も多いのはないでしょうか? ひじきは...
個別食材の栄養素

ハロインナイトでお馴染み かぼちゃの健康効果

近年では、かぼちゃはハロウィンの飾り必需品のようなイメージがあり、しかも冬至に食べる風習があるため、冬の野菜?と思ってませんか? 実は、かぼちゃは夏に収穫される夏野菜ですよ。 かぼちゃには、抗酸化作用のあるビタミンA(β‐カロ...
個別食材の栄養素

美味しいだけじゃない 梨の栄養素は無しではない!

非公式キャラクターで有名になったふなっしー。 梨の生産全国一位の千葉県にある船橋市のキャラクターです。 梨の妖精だそうです。 日本で生産されている梨のほとんどが「日本なし」と言われる種類の梨で、幸水・豊水・二十世紀などさ...
個別食材の栄養素

“キレイの素”がたくさん詰まった 大豆の話

日本の食卓になじみ深い食品の一つに大豆がありますが、あなたは大豆製品と聞いて何を思い浮かべますか? すぐに多くの方が「豆腐」「味噌」「おから」「納豆」などを思い浮かべるのではないでしょうか。 これらは「畑のお肉」と呼ばれる大豆...
個別食材の栄養素

ピーマンとパプリカは色が違うだけ?

米津玄師さんの歌でもあった「パプリカ」。 子供の嫌いな野菜、不動の一番「ピーマン」。 この二つの野菜、見た目が似ていていますが同じ物? 植物としての分類に違いはあるのでしょうか? ピーマンとパプリカは色が違うだけ?...
個別食材の栄養素

緑色の憎い奴 ピーマン

独特の風味をもつピーマンは、子供の嫌いな野菜ベスト3には必ず入る野菜です。 しかしこのピーマン、抗酸化栄養素をたっぷりと含んだ野菜でもなんです。 夏の紫外線対策のも力を発揮し、美肌作り、健康維持にぴったりの野菜でもあります。 ...
個別食材の栄養素

美味しいだけじゃない果物 桃の栄養と効果

夏場が旬で美味しい果物の桃。 この美味しい桃の原産国は中国で、バラ科モモ属の木になる果実で日本では山梨県・長崎県・福島県などで多く生産されています。 日本では縄文時代から既に種が見つかっていますが、主に食用として本格的に栽培が...