低カロリー・高タンパク・コラーゲンたっぷり イカの凄さ!

個別食材の栄養素

イカは良質なタンパク質を含み、脂肪・糖質の少ない高タンパク・低カロリーの魚介類です。

皮にはコラーゲンがたくさん含まれ、健康増進・美容に関心が高い方には積極的に食事にとり入れていただきたい食材です。

イカの栄養成分と効果

イカは、海の恵みとして広く知られ、世界中の多くの食文化で愛される食材です。

その独特の風味と食感はもちろんのこと、栄養価の面でも非常に優れています。

イカが私たちの健康にどのような利益をもたらすのか、その栄養成分と効果について少しまとめてみました。

イカは、低カロリーでありながら高タンパク質の食品で、ダイエットや筋肉増強を目指す人々にとって理想的な選択肢です。

また、ビタミンやミネラルも豊富に含まれており、特にビタミンB12、ビタミンE、亜鉛、銅、セレンなどが豊富です。

これらの栄養素は、エネルギー代謝を助け、免疫力を高め、抗酸化作用を持つことで知られています。

さらに、イカにはオメガ-3脂肪酸が含まれており、心血管系の健康維持や脳の機能向上にも寄与します。

オメガ-3脂肪酸は、炎症を抑え、血液の流れを良くし、コレステロール値を正常に保つ効果があります。これにより、心臓病のリスクを低減させることができます。

イカの栄養成分1・タンパク質

良質なタンパク質には美肌に役立つコラーゲンが含まれています。

タンパク質は筋肉・内臓・肌・ホルモンなどのカラダの各組織を構成する栄養素なので、ダイエット中も積極的にとり入れることが大切です。

イカの栄養成分2・ナイアシン

ビタミンB群の一つナイアシンは、三大栄養素(糖質・タンパク質・脂質)の代謝をサポートする働きがあります。

アルコール分解酵素の助ける補酵素にもなるので、お酒のおつまみにも最適。

また、皮膚・粘膜の健康にも役立ちます。

イカの栄養成分3・亜鉛

亜鉛は、酵素やタンパク質の合成・インスリンの生成に必要なミネラルです。

細胞の遺伝物質の合成や、味覚の維持にも必要不可欠です。

イカの栄養成分4・ビタミンB12

ビタミンB12は、アミノ酸の代謝、タンパク質の合成に必要な栄養素です。

また、貧血予防や神経機能を正常に保つ働きがあります。

イカの栄養成分5・EPA(エイコサペンタエン酸)

魚介類に豊富に含まれる必須脂肪酸のEPAは、血栓の予防や悪玉コレステロール(LDL)を低下させる働きがあるとされています。

イカの栄養成分6・DHA(ドコサへキサエン酸)

EPAとともに血液中の中性脂肪や悪玉コレステロール(LDL)を減らす働きがあります。

脳細胞の成長を促して脳を活性化させ、記憶力や学習能力の向上、認知症の予防に役立ちます。

イカの栄養成分7・タウリン

アミノ酸の一種のタウリンは、胆汁酸と結びつくことでコレステロールを消費してコレステロールを減らす、心臓や肝臓の機能を高める、視力の回復、インスリン分泌促進、高血圧の予防などさまざまな効能があるといわれています。

カロリー

具体的な栄養成分は、100グラムのイカには、約92カロリー、16グラムのタンパク質、1.4グラムの脂質が含まれています。

また、カリウムやカルシウム、マグネシウムといった重要なミネラルも豊富に含まれています。

これらの成分は、筋肉の機能や骨の健康をサポートし、全身の健康維持に欠かせません。

最後に

イカを食卓に取り入れることで、これらの栄養素を効率よく摂取し、健康的な食生活を送ることができます。

さまざまな調理法で楽しめるイカは、あなたの食事を豊かにし、健康をサポートする心強い味方です。

淡白な味で、お刺身や天ぷら、煮物などさまざまな料理に使われるイカ。

日々の食生活にぜひとり入れてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました