幕末編

人は聞いた言葉で心が創られる幕末編 西郷隆盛

「維新の三傑」の一人・西郷隆盛(さいごうたかもり)は、武士から軍人となり討幕という偉業を成し遂げ、明治という新しい時代を築いた人物としてあまりにも有名です。 西郷隆盛は「敬天愛人( けいてんあ...
幕末編

尊王攘夷運動の種をまいた松下村塾長 吉田松陰

吉田松陰という人は非常に筆マメな人物で、毎日の行動などを事細かに記録したり、手紙や書・言葉を多く残しており、30年という短い生涯の中に松陰の名言や格言が多く後世に伝わっています。 吉田松...
幕末編

松下村塾の「四天王」奇兵隊の立役者 高杉晋作

高杉晋作 名言 三千世界の鴉(からす)を殺し主と朝寝がしてみたい 【意味】本当に好きな主「ひと」はあなただけ。私は3千の鴉を殺す程、起請を書いて罰が当たっても構わない。貴方と一緒にいたい...
幕末編

人は聞いた言葉で心が創られる①幕末編 坂本龍馬

坂本龍馬 名言 何の志も無きところに、ぐずぐずして日を送るは、実に大馬鹿者なり 世の人は我を何とも言わば言え 我が成す事は我のみぞ知る 義理などは夢にも思ふことなかれ 身...