人は聞いた言葉で心が創られる

人は聞いた言葉で心が創られる人は聞いた言葉で心が創られる

人は聞いた言葉で心が創られます。

否定的な言葉や愚痴、人の悪口、ネガティブな言葉、どうせとか無駄とか後ろ向きな言葉しか聞けない環境では心は育ちません。失敗してもなかなか前に進めなくても辛い状態でも前向きな言葉や失敗を成功の糧にする言葉、人の好い所、ポジティブな言葉を聞ける環境で心が育たたない訳ないですよね。

失敗して落ち込んだり上手く出来なくて立ち止まっても人のひと言で立ち直れたりするもんです。言葉を大切にしましょう。

戦国武将編

 

幕末志士編

 

戦国武将編

人は聞いた言葉で心が創られる戦国武将編 本田忠勝

徳川家家臣。徳川四天王の一人。本多忠勝の名言です。本多平八郎忠勝は、その武勇から『家康に過ぎたるもの二つあり。唐の頭に本多平八』と謳われています。戦場で一度も傷を負わなかったことでも有名で、忠勝は勇...
戦国武将編

人は聞いた言葉で心が創られる戦国武将編 毛利元就

毛利元就 毛利元就(もうりもとなり)は、一代で中国地方の覇権を手に入れました。 毛利家は小さな領主にすぎませんでしたが、元就は様々な知略・戦略を駆使し、 後の世に名を残す戦国大名に成長しました...
ことわざ

人々の知恵をことばに表したも ことわざ②

有名なことわざ 日本のことわざは世界中でとても人気があり、日常生活を上手く導く為に遠い昔から この「日の出ずる国」で使われてきました。そして、その中の多くが国境を越えて広 がり、日...
ことわざ

人々の知恵をことばに表したも ことわざ編①

宝くじの高額当選って庶民の夢です。何十年も働かないと手に入れられない金額が、たった一枚の当選クジで手に入れられるそう一攫千金です。 同じように競馬や競輪などギャンブルなどで手に入れた高額金は、...
戦国武将編

人は聞いた言葉で心が創られる戦国武将編 伊達政宗

伊達政宗(だて-まさむね)は、戦国時代の1567年8月3日、米沢城にて誕生。父は伊達輝宗、母は最上義守(山形城主)の娘・義姫19歳(最上義光の妹)、この義姫が嫁ぐ前には、伊達家と最上家は対立していま...
戦国武将編

人は聞いた言葉で心が創られる戦国武将編 黒田官兵衛

黒田官兵衛は戦国時代から江戸時代前期にかけての戦国武将であり、キリシタン大名でもありました。 豊臣秀吉の側近、知恵袋として活躍しました。官兵衛というのは通称で実名は黒田孝高(くろだ・よしたか)...
戦国武将編

人は聞いた言葉で心が創られる戦国編 竹中半兵衛

半兵衛というのは通称ではじめ重虎といったが,のち重治と改めました。稲葉山城主斎藤竜興に仕えていた永禄7(1564)年2月,竜興の寵臣政治に異議を唱えわずか十数名で稲葉山城(後の岐阜城)を乗っ取ったこ...
幕末編

人は聞いた言葉で心が創られる幕末編 西郷隆盛

「維新の三傑」の一人・西郷隆盛(さいごうたかもり)は、武士から軍人となり討幕という偉業を成し遂げ、明治という新しい時代を築いた人物としてあまりにも有名です。 西郷隆盛は「敬天愛人( けいてんあ...
幕末編

尊王攘夷運動の種をまいた松下村塾長 吉田松陰

吉田松陰という人は非常に筆マメな人物で、毎日の行動などを事細かに記録したり、手紙や書・言葉を多く残しており、30年という短い生涯の中に松陰の名言や格言が多く後世に伝わっています。 吉田松...
幕末編

松下村塾の「四天王」奇兵隊の立役者 高杉晋作

高杉晋作 名言 三千世界の鴉(からす)を殺し主と朝寝がしてみたい 【意味】本当に好きな主「ひと」はあなただけ。私は3千の鴉を殺す程、起請を書いて罰が当たっても構わない。貴方と一緒にいたい...