食べ物は将来の体に対しての投資

食べ物は将来の体に対しての投資人は食べた物で創られる

体の仕組み

    1. 人は食べた物で創られる 体の仕組み①脳
    2. 人は食べた物で創られる 体の仕組み②目
    3. 人は食べた物で創られる 体の仕組み③耳
    4. 人は食べた物で創られる 体の仕組み④鼻
    5. 人は食べた物で創られる 体の仕組み⑤口
    6. 人は食べた物で創られる 体の仕組み⑥皮膚
    7. 人は食べた物で創られる 体の仕組み⑦心臓
    8. 人は食べた物で創られる 体の仕組み⑧肺
    9. 人は食べた物で創られる 体の仕組み⑨肝臓
    10. 人は食べた物で創られる 体の仕組み⑩胆嚢
    11. 人は食べた物で創られる 体の仕組み⑪脾臓
    12. 人は食べた物で創られる 体の仕組み⑫腎臓
    13. 人は食べた物で創られる 体の仕組み⑬胃
    14. 人は食べた物で創られる 体の仕組み⑭十二指腸
    15. 人は食べた物で創られる 体の仕組み⑮膵臓
    16. 人は食べた物で創られる 体の仕組み⑯小腸
    17. 人は食べた物で創られる 体の仕組み⑰大腸
    18. 人は食べた物で創られる 体の仕組み⑱骨
    19. 人は食べた物で創られる 体の仕組み⑲関節
    20. 人は食べたもで創られる 体の仕組み⑳筋肉
    21. 人は食べた物で創られる 体の仕組み❶ホルモン
    22. 人は食べた物で創られる 体の仕組み❷神経
    23. 人は食べた物で創られる 体の仕組み❸免疫
    24. 人は食べた物で創られる 体の仕組み❹血液
    25. 人は食べた物で創られる 体の仕組み❺人体の構造

健康維持

    1. 免疫と抗体
    2. 自然治癒力
    3. 食習慣
    4. 初診
    5. 薬と体の関係
    6. 健康に良い食べ物
    7. 生活習慣病
    8. 健康な体づくりの【心がけ】
    9. 健康的な体重の減らし方
    10. 体重を増やす
    11. 運動
    12. 熱中症
    13. バランスのとれた食事とは
    14. ホントに怖い 生活習慣病
    15. 体に悪いと言われる食べ物
    16. 炭酸水は本当に体にいいのか
    17. 生で食べられない野菜
    18. 腸活
    19. 腸内環境の善し悪し
    20. 健康食と言われる食べ物①
    21. 健康食と言われる食べ物②
    22. バナナの健康パワー
    23. バナナの食べ過ぎには注意を
    24. 手軽に食べられるバナナのお話
    25. 一本のバナナの力
    26. たかがバナナされどバナナ
    27. ほうれん草じゃないよ小松菜だよ
    28. チョコレートに含まれているカカオって実は凄いんです
    29. 冷やして美味しいトマトについて
    30. 心臓を助ける食材
    31. 8時間睡眠のウソ
    32. 血流力を見直す
    33. 健康な体はすべて腸から始まる
    34. 一日2ℓの水はウソ
    35. 悪魔的食べ物が体を壊す
    36. 最新研究結果 7時間から9時間の睡眠時間では不十分
    37. 血管は健康の源
    38. 腸の冷えを取ると病気は勝手に治る
    39. 内科医が伝える血行を良くする食べ物
    40. 血管をツルツルピカピカに保つ飲み物3選
    41. 内科医が伝える血行を良くする飲み物
    42. 内科医が伝える血行を良くする食材
    43. 内科医が伝える血行を良くする行動
    44. 内科医が伝える血行を良くする飲み物2
    45. 内科医が伝える血液をドロドロにしてしまう食べ物
    46. 内科医が伝えるオートミールの健康パワー
    47. 血糖値をコントロールする7つの行動
    48. 内科医が伝える血糖値を下げる食材8選
    49. 内科医が伝える腸内環境を整える食材
    50. 内科医が伝える腸を荒らす食べ物7選
    51. 内科医に聞いた糖化とそのリスク
    52. 内科医に聞いた糖化を防ぐ食事法
    53. 内科医に聞いた老化を防ぐ抗酸化作用の高い食品
    54. 内科医に聞いた体を酸化させる食べ物
    55. 内科医に聞いたスギ花粉症は治せる
    56. 内科医に聞いた花粉症に効く飲み薬とは
    57. 内科医に聞いた花粉症に効く点鼻薬とは
    58. 内科医に聞いた花粉症に効く点眼薬とは
    59. 内科医に聞いた花粉症の人に食べて欲しい食品
    60. 内科医に聞いた花粉症の人が控えた方がいい食品
    61. 内科医に聞いた花粉症の人に控えて欲しい行動とは
    62. 内科医に聞いた花粉症を緩和する最強アイテムとは
    63. 内科医に聞いた高血圧を防ぐ食事法
    64. 内科医に聞いた高脂血症を改善させる食事法
    65. 内科医に聞いた癌になりやすい食品part1
    66. 内科医に聞いた癌になりやすい食品part2
    67. 内科医に聞いた睡眠のコツ5選
    68. 内科医に聞いた胃腸の調子が悪い時の食事の対処法
    69. 内科医に聞いた胃腸調子が悪い時のおススメ食材
    70. 内科医に聞いた睡眠に良い栄養素三選
    71. 内科医に聞いた幸せホルモンを増やすコツ
    72. 内科医に聞いた免疫力を上げるコツ
    73. 内科医に聞いた免疫力を高める栄養素
    74. 内科医に聞いた0カロリーの恐怖
    75. 内科医に聞いた目の疲れに良い栄養素
    76. 内科医に聞いた長引く咳に注意点
    77. 内科医に聞いた認知症予防に効く栄養素とは
    78. 内科医に聞いた実は間違っている健康法とは
    79. 内科医に聞いたポリフェノールって何?
    80. 内科医に聞いた情報が更新されている健康常識
    81. 内科医に聞いた高い尿酸値の恐怖
    82. 内科医に聞いた 尿酸値を下げる生活習慣とは
    83. 動脈硬化のサインを内科医に聞いてみた
    84. 体内時計をリセットする方法を内科医に聞いてみた
    85. 実は怖いマグネシウム不足
    86. 長生きホルモンが存在した
    87. 長生きホルモンを増やす習慣
    88. 健康に悪いパンを選んでませんか?
    89. 健康寿命を奪う悪魔的食べ物
    90. 健康寿命と平均寿命には10年も差があった!
    91. 避けたい糖の仲間は?
    92. 梅雨の時期の体調不良を和らげるには
    93. 脱水状態セルフチェック5選
    94. 脱水の時に飲みたい飲み物
    95. 頭痛を引き起こす恐れのある食品
    96. 頭痛を和らげる食材3選
    97. 更新されている健康常識2
    98. 夏バテを回復してくれる食品
    99. 体を冷やしてくれる食品

お茶

  1. お茶のカフェイン含有料
  2. 日本各地の変わったお茶
  3. お茶の種類と効能
  4. お茶の効能一覧
  5. 3種類に分けられるお茶の種類
  6. ほうじ茶
  7. 玄米茶
  8. 烏龍茶
  9. コーン茶(とうもろこし茶)
  10. そば茶
  11. ウコン茶
  12. 紅茶
  13. コーヒー
  14. 芽茶(めちゃ)
  15. 粉茶(こなちゃ)
  16. 甜茶(てんちゃ)
  17. 緑茶(ryokutya)
  18. ヤーコン茶
  19. 荒茶(あらちゃ)
  20. 玉露(ぎょくろ)
  21. 深蒸し茶
  22. かぶせ茶
  23. プーアル茶
  24. 麦茶(むぎちゃ)
  25. ハブ茶
  26. 番茶(ばんちゃ)
  27. カフェイン
  28. どくだみ茶
  29. 花茶(ホワチャー)
  30. 煎茶(せんちゃ)
  31. カモミールティー
  32. ローズヒップティー
  33. ルイボスティー
  34. キヌア茶
  35. はと麦茶
  36. ごぼう茶
  37. ゆずの葉茶
  38. タンポポ茶
  39. 棗茶(なつめちゃ)
  40. 月見草茶
  41. びわ茶
  42. 小豆茶(あずきちゃ)
  43. 明日葉茶(あしたばちゃ)
  44. 杜仲茶(とちゅうちゃ)
  45. 河原決明(かわらけつめいちゃ)
  46. サラシア茶
  47. ギムネマ茶
  48. ユーカリ茶
  49. マテ茶
  50. 昆布茶と梅昆布茶
  51. 黒豆茶
  52. オクラ茶
  53. ノニ茶
  54. 抹茶(まっちゃ)
  55. 舞茸茶(まいたけちゃ)
  56. エゴマの葉茶
  57. ジャスミンティー
  58. 台湾茶(たいわんちゃ)
  59. 危ないお茶の飲み方

食品添加物

  1. 食品添加物は本当に危険?
  2. 人は食べた物で創られる 食品表示①
  3. 人は食べた物で創られる 危険と言われる添加物
  4. 人は食べた物で創られる 食品添加物①
  5. 人は食べた物で創られる 食品添加物②
  6. 人は食べた物で創られる 食品添加物③既存添加物と一般飲食物添加物
  7. 人は食べた物で創られる 食品添加物④増粘安定剤
  8. 人は食べた物で創られる 食品添加物⑤PH調整剤
  9. 人は食べた物で創られる 食品添加物⑥乳化剤
  10. 人は食べた物で創られる 食品添加物⑦保存料
  11. 人は食べた物で創られる 食品添加物⑧品質改良剤
  12. 人は食べた物で創られる 食品添加物⑨安定剤
  13. 人は食べた物で創られる 食品添加物⑩強化剤
  14. 人は食べた物で創られる 食品添加物⑪殺菌料
  15. 人は食べた物で創られる 食品添加物⑫漂白剤
  16. 人は食べた物で創られる 食品添加物⑬-1甘味料
  17. 人は食べた物で創られる 食品添加物⑬-2甘味料
  18. 人は食べた物で創られる 食品添加物⑬-3甘味料
  19. 人は食べた物で創られる 食品添加物⑭発色剤と着色剤
  20. 人は食べた物で創られる 食品添加物⑮着色料
  21. 人は食べた物で創られる 食品添加物⑯湖料
  22. 人は食べた物で創られる 食品添加物⑰結着剤
  23. 人は食べた物で創られる 食品添加物⑱膨張剤
  24. 人は食べた物で創られる 食品添加物19製造用剤
  25. 人は食べた物で創られる 食品添加物21調味料
  26. 人は食べた物で創られる 食品添加物21酸化防止剤
  27. 人は食べた物で創られる 食品添加物22酸味料
  28. 人は食べた物で創られる 食品添加物23防カビ剤(防ばい剤)
  29. 食品添加物がなければ存在しない食品
  30. よく目にする食品添加物を使った食品
  31. 超加工食品 食品添加物は本当に危険なのか
  32. 食品添加物のメリット・デメリット
  33. 世界一の食品添加物大国 日本
  34. 食品添加物の安全性の確かめ方
  35. 食品添加物の見方
  36. 466品もある指定添加物
  37. 既存添加物一覧
  38. 酒石酸(しゅせきさん)
  39. 有機酸(ゆうきさん)
  40. カラギーナン(カラギナン)
  41. ぶどう糖果糖液糖
  42. スクラロース
  43. ショ糖脂肪酸エステル
  44. アセスルファムk(カリウム)
  45. サッカリン
  46. ソルビトール(ソルビット)
  47. アスパルテーム
  48. ポリソルベート
  49. 砂糖
  50. 砂糖の代用品
  51. トレハロース
  52. 次亜塩素酸ナトリウム
  53. 糖アルコール
  54. キシリトール
  55. エリストール
  56. コーンシロップ
  57. ココナッツシュガー
  58. ペクチン
  59. 加工デンプン
  60. アラビアガム
  61. アルギン酸ナトリウム
  62. アガー
  63. グァーガム
  64. 二酸化硫黄
  65. 塩化カルシウム
  66. デキストリン・難消化性デキストリン
  67. キサンダンガム
  68. ガセインナトリウム(ガセインNa)
  69. 安息香酸ナトリウム(アンソクコウサンナトリウム)
  70. グリセリン
  71. ナタマイシン
  72. プロピレングリコール
  73. ナイシン
  74. かんすい
  75. メタリン酸ナトリウム
  76. ミョウバン
  77. ゼラチン
  78. 炭酸カルシウム
  79. ポリリジン
  80. カルボキシメチルセルロース
  81. タマリンドガム
  82. イーストフード
  83. 臭素酸カリウム
  84. 酒精(しゅせい)
  85. アスパラギン酸
  86. グリシン
  87. 過酸化水素
  88. ビタミンB2
  89. 核酸(かくさん)
  90. β(ベータ)カロテン
  91. 硫酸銅
  92. パントテン酸カルシウム
  93. イマザリル
  94. 硝酸ナトリウム・硝酸カリウム
  95. たんぱく加水分解物
  96. 調味料 アミノ酸とアミノ酸等の違い
  97. 酵母エキス
  98. シュウ酸
  99. ノルマルヘキサン(n-ヘキサン)
  100. 亜酸化窒素(アサンカチッソ)
  101. 酸化チタン(二酸化チタン)
  102. 消泡剤
  103. 膨張剤
  104. アトナー色素
  105. コチニール色素
  106. カロチノイド(カロデノイド)色素
  107. カラメル色素
  108. 近年の食品添加物
  109. そもそも添加物とは何
  110. 危険な添加物を含む食べ物3選
  111. 内科医に聞いた特に危険な食品添加物5選

未分類

    1. 人は食べた物で創られる 「カロリー」と「エネルギー」
    2. 人は食べた物で創られる 水分
    3. 人は食べた物で創られる 新陳代謝
    4. 人は食べた物で創られる 基礎代謝
    5. 人は食べた物で創られる ホルモン
    6. 人は食べた物で創られる 血糖値とGI値
    7. 人は食べた物で創られる 細菌とウイルス
    8. 賞味期限と消費期限
    9. そばとうどん
    10. アイスクリーム
    11. 水道水
    12. 足が早い
    13. ミネラルウォーター
    14. 素麺と冷麦
    15. 遺伝子組み換え
    16. 濃縮還元とストレートジュースの違い
    17. レトルトパウチ
    18. 豚バラと豚コマの違い
    19. 鶏ささみと胸肉の違い
    20. 熟成肉って何
    21. 豚肉のロースと肩ロース
    22. ハム・チャーシュー・焼豚・煮豚
    23. 電子レンジは危険なのか
    24. ボンレスハムとロースハム
    25. 米油(こめあぶら)
    26. カレーの香り クミン
    27. しそと大葉の違い
    28. しその栄養と効能
    29. 揚げ物油の違い
    30. 牛脂とラードの違い
    31. ざらめと砂糖の違い
    32. 三温糖・きび砂糖・ブラウンシュガー
    33. 乳糖って何
    34. ヨード卵って何
    35. 新じゃがって何
    36. 塩の違いって何
    37. きみぷちって何
    38. なぜ卵は安く買えるのか
    39. 生卵は危険な食べ物なのか
    40. 生卵の白身の害
    41. たまごは一日3個までって本当か
    42. 液状の冷凍卵って何
    43. 安い豆腐の秘密
    44. 低温殺菌牛乳ってどんな牛乳
    45. 成分調整牛乳と成分無調整牛乳の違い
    46. 低脂肪乳・無脂肪乳は牛乳とは言わない
    47. 牛乳は体に悪い
    48. 牛乳を温めると出来る膜ってなに
    49. 発酵乳は牛乳の仲間だと思ってました
    50. 食品を長く保存するコツ1
    51. 食品を長く保存するコツ2
    52. 食品を長く保存するコツ3
    53. 生はちみつって普通のはちみつとの違い
    54. 小さなトマトたち
    55. 炭酸水の期待される健康パワー
    56. 缶コーヒーは悪魔の飲み物って本当?
    57. 水道水は世間で言われるほど危険なの?
    58. 水道水との付き合い方
    59. 水道水の安全基準はミネラルウォーターより多い
    60. パントテン酸カルシウムって何?
    61. トクホって何?
    62. 小麦たんぱくって何?
    63. パン派に忍び寄る闇
    64. 大豆の健康効果
    65. よく目にする体に悪いと言われている食べ物
    66. 出来れば食べない方がいい食べ物
    67. 驚愕の事実 うどんと素麵の違いは太さだけ
    68. 食の雑学
    69. 麺の雑学
    70. 体からのSOS
    71. 麺類のつゆの違い
    72. 適当な外食は辞めよう
    73. 適当な外食は辞めよう2
    74. カロリー神話の崩壊
    75. 新型栄養失調って何?
    76. 知らないうちに陥る新型栄養失調
    77. 納豆を食べ過ぎた末路
    78. 体を労わる食材 納豆
    79. 一流の頭脳
    80. 間食で食べてもOKな食べ物
    81. 快眠へのアイディア
    82. おデブになる食品10選
    83. ウォーキングで起こる体の変化
    84. 正しいウォーキング
    85. 医師が教える食事術2
    86. クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)
    87. 卵アレルギーとインフルエンザワクチン
    88. ご飯とパン 朝食で食べるならどっち?
    89. 牛肉・豚肉・鶏肉の栄養の違い
    90. 我慢しないでおやつを食べよう
    91. トマトの優れた栄養価
    92. トマト缶の選び方
    93. 野菜からは摂取出来ない効能を持つキノコ
    94. キノコの効能を種類ごとに調べてみた
    95. 食用油の種類と効能
    96. 体を温めてくれる飲み物 6選
    97. コーヒーに秘められた健康パワー
    98. みんな大好き カレーの健康効果
    99. カレーを不健康にする悪魔
    100. デトックス効果が期待できる食べ物7選
    101. 卵を食べるなら ゆでたまごで
    102. 卵の誤解と健康パワー
    103. 牛乳の優れた効能効果
    104. 不健康な牛乳を選んでませんか
    105. 豆乳の優れた効能効果
    106. 豆乳と牛乳を比べてみた
    107. 名前に騙されている?ジュースの闇
    108. マヌカハニーの優れた健康パワー
    109. 中毒性のある白砂糖から身を守る
    110. ヨーグルトは不健康食品なのか
    111. アスタキサンチンの知られざる健康効果
    112. あなたの疲れがとれない原因は?
    113. 白ゴマと黒ゴマの違い
    114. うなぎ、天丼、焼き鳥のタレの違い
    115. 食品群って何?
    116. 癌リスクを大きく下げる食品が存在した
    117. 食べ過ぎた後の対処法
    118. 長ネギの健康パワー
    119. スーパーフード その名はナッツ
    120. 太りにくいケーキの食べ方
    121. かぼちゃの健康パワー
    122. 白米を玄米に変えるだけで健康パワーUP
    123. 太りにくい炭水化物があった
    124. ギネスも認めたアボカドの優れた栄養素
    125. ブルーベリーの栄養価の凄ごい
    126. アスパラガスの健康パワーが凄い
    127. 朝ごはんがもたらす6つのメリット
    128. コーヒーの健康効果は飲み方しだい
    129. パンが太りやすいって本当?
    130. イチゴの健康パワー
    131. 健康そうにみえて不健康な食品
    132. 美味しい果物にもあった血液サラサラ効果
    133. 裏の成分表を見よう!
    134. 発酵食品の健康パワー
    135. 色に秘められた野菜の健康効果
    136. 間食のやめ方
    137. 果物にまつわるウソホント
    138. 炭酸水徹底解説
    139. ひと手間で栄養価アップのコツ
    140. 間違ったダイエット法
    141. 水分補給のタイミング
    142. 一杯のスープダイエットの凄さ
    143. 冷やし麺ばかりだと太りやすい
    144. 夏バテ予防の食事4選
    145. 夏バテしやすい食事4選
    146. 1日350gの野菜を食べよう
    147. 追熟させる果物とさせない果物
    148. 魚を食べるメリット
    149. 肉の再冷凍について
    150. 筋トレに必要な栄養素
    151. カロリーゼロ表示のウソ!
    152. 夏場に摂りたい栄養素3選
    153. トクホと違う機能性表示食品
    154. ダイエットの停滞期どうすればいいのか
    155. 状況別、夏場の飲みもの
    156. スポーツドリンクの違い
    157. 飲む点滴 甘酒
    158. 食べ合わせの良い食べ物
    159. 太りにくいアイス
    160. 夏バテ対策8選
    161. プリン体の多い食べ物少ない食べ物
    162. 意外な炭水化物
    163. ダイエット中お勧めなお酒
    164. お菓子の飽和脂肪酸
    165. 飽和脂肪酸の多い食べ物
    166. 骨粗鬆症について
    167. アメリカのマイ・プレート

 

 

その他

海藻の力って凄いんです 健康的にダイエットに上手く活用してみませんか

ダイエット中の方やお腹周りが気になっている方におすすめの食べ物は? と聞かれたら、まずおすすめしたいのが「海藻」です。 海藻はダイエットに役立つだけでなく、不足しがちな栄養素も摂れる優秀食材。 “海藻=ダイエットに良さそ...
体に必要な栄養素

ダイエット中でも必要な脂質【必須脂肪酸】

脂質は、体内でエネルギー源となる栄養素ですが、ダイエットの敵と思われがちです。 けど、「必須脂肪酸」という体内で合成できない脂質は、食事からとり入れる必要があるんです。 そんな必須脂肪酸は、髪や肌を健やかに保つのに役立っている...
個別食材の栄養素

縁起がいいだけじゃないんです!れんこんの嬉しい栄養素

れんこんといえば、根の中に大きく空いている穴が不思議な食べ物ですね。 これ何のための穴だと思いますか? ちゃんと理由があるんです。 れんこんは沼地で栽培されており、水面には大きな葉が、泥の中にはれんこんとなる根が伸びてい...
個別食材の栄養素

栗は美味しいだけじゃありませんよ! 健康増進とアンチエイジングにも最適

秋の味覚「栗」には、健康増進とアンチエイジングに役立つ栄養素が豊富に含まれています。 しかも栗は食べるサプリメントと言えるナッツ類に分類されますが、他のナッツ類と比べると脂肪が少ないのが特徴です。 そのため、間食としてのエネル...
健康維持

運動ってどの位すればいいの? 運動の種類や時間の目安について知りたくありませんか

健康づくりやダイエットに大切な運動。 どの本、サイトを見ても健康に運動は付き物です。 ウォーキング、筋トレ、ジョキング、各種スポーツと運動と言えるものは無数にあります。 その運動いったいどのくらいすればよいのか、考えたこ...
個別食材の栄養素

生姜って凄いんです

生姜は熱帯アジア原産ですが、現在は世界中で栽培されているほどポピュラーな食材です。 しかし生姜の地下茎は多肉で強い芳香と辛味があり、食用、薬用、香辛料として広く用いられています。 生姜の辛味成分には、殺菌効果と消臭効果があり、...
個別食材の栄養素

柿食べてますか?

柿くへば、鐘が鳴るなり、法隆寺 正岡子規の名言、一度は耳にしたことがあると思います。 また、戦国武将 武田信玄は、 渋柿を切って甘柿を継ぐのは小心者のすることだ。 国持ち大名にあっては、渋柿は渋柿として役に立つもの...
食品添加物

少しだけ気にしてみませんか? 身近で危険な食品添加物12選

今の時代、食品添加物には食品の腐敗や変色を防いだり発色香りなどを良くする作用があるので、食中毒のリスクを防ぐためにも美味しさを感じられる食品を安全に流通させるためにも欠かせないものとなっています。 これは現実です。 普通に生活...
個別食材の栄養素

あたっても食べたい牡蠣の魅力

冬が旬の牡蠣は、「海のミルク」といわれるほどビタミン・ミネラルがたっぷり含まれ、栄養が豊富なことで有名です。 好きな方には、たまらない食材です。 牡蠣にはグリコーゲンや必須アミノ酸をはじめ、ビタミンB1・B2・ B12、ミネラ...
個別食材の栄養素

ラムとマトンの違いって何? 羊肉の栄養成分と効果

家庭で食べているお肉は? 多くの方は、牛、豚、鶏肉を答えられると思います。 その中に加えて欲しいのが羊肉。 脂肪燃焼効果があるといわれるL-カルニチンが豊富で、ダイエッターに人気。 東洋医学では体の冷えを和らげる...