google

価格の優等生 卵の闇

その他

朝食の定番、たまご。たまご料理って美味しいですよね。しかも手軽でたまごの値段も手頃価格です。スーパーの特売日には、なんと10個入パックが100円とかあります。一個10円です。

しかしなんでそんな値段で販売が出来るのできるのでしょうか?そんな安い値段で販売するのって何故か不安さえ感じます。少し気になったので調べてみました。

物価の優等生

たまごは価格がほとんど変わらない代表格で、物価の優等生と言われています。スーパーでは10個入り平均1パックが200円前後で売られていることが多く、特売日などでは100円の場合もある。1個に換算すれば、15~20円。そもそも卵は鶏が産んだ命の源です。また栄養豊富で、戦前では病人へのお見舞いの品にも使われていたそうです。しかも日本では生卵を食べる「卵かけごはん」が人気です。

全農鶏卵卸売価格(M規格)でみると、戦後の1953年(昭和28年)に1kgあたり224円だった。現在の価値に換算すれば1953年の卵の価格は1000円を軽く超え計算になります。昔、卵は高級品だったのだのです。2005年(平成17年)には204円/㎏、2010年(平成22年)には 187円/㎏だ。直近の2018年の年平均は180円/kgと年々下落傾向さえあります。

卵の価格はなぜこんなに安いのか

栄養豊富で、生でも調理しても美味しく、便利な卵なのに、なぜこんなに安く売れるのだうか?。まず一つの理由は、生産効率を高めていることです。生産者のコストを抑える努力の結果があります。円高による輸入飼料の価格低下、鶏の品種改良、生産技術の向上など要素は多くありますが、供給過剰も指摘されています。しかし市場価格が安くなると生産者への負担が増してしまいます。

卵は鶏(採卵鶏・レイヤー)が産むものであり、コスト削減の為に鶏の生き物としての尊厳を無視し、劣悪な環境を強いている場合があります。生まれた段階でたまごを産まないオスは、そのまま命を終えます。その数年間で40億匹とも言われています。また養鶏場も単にたまご生産工場のようになっていたりします。たまごを産む鶏は機械でなく生き物なんです。

もう一つは結構知られていませんが、安すぎる卵の赤字補てんや、過剰な採卵鶏を減らした場合には、生産者へ国からの補助金が交付されています。すなわち、物価の優等生と言われる卵に税金が投じられているんです。2018年度に農林水産省の「成鶏更新・空舎延長事業」が5年ぶりに行われたことを知る方は少ないかもしれません。この事業は農林水産省の「鶏卵生産者経営安定対策事業」の1つです。

この「成鶏更新・空舎延長事業」と「鶏卵価格差補塡事業」の2つからなる「鶏卵生産者経営安定対策事業」には多額の予算があてられており、2018年度の農林水産省の予算額は48億6200万円にのぼる(予算であり、実施のない場合は支出されないが、同年度は全額拠出)。事業実施主体は一般社団法人 日本養鶏協会でした。スーパーで安く買っている気持ちになっていましたが税金を使われていたのなら本末転倒です。

卵は肉食よりも残酷と言われる

持続可能性という言葉が最近よく耳にする機会が増えました。養鶏事業の持続可能性についても検証が必要な時期化もしれません。消費者には嬉しい卵価格の下落ですが、それは養鶏業者の生産活動を困難にしてしまいます。それは生産者の苦しみもさることながら、最終的に最大の負担を背負わされてしまうのは鶏です。たまごを産むメスは一生劣悪な環境でたまごを産み続けオスのヒヨコは人間にとって不用物であり、生まれてすぐにすりつぶすなどして殺されているのが現実です。これが卵が肉食より残酷であると言われる理由です。

最後に

たまごは安くて美味しい食物で食生活を支える為にもありがたい食べ物です。しかし安いたまごの値段を維持するためには、生産者や鶏に多大な負担をかけていることを知るのは必要かもしれません。また安く購入できる裏には税金も投入さえされていることは絶対に知っておくべきことだと感じました。

消費者が安く物を購入できる裏には、何か負担を強いられているものがあるということを忘れてはならないかも知れません。もっと1個1個の卵をありがたみを感じながらいただく気持ちも持てたらと。

コメント