google

ヨード卵って高いだけの卵かと思ってました

その他

ヨード卵という名前の付いた卵をスーパーで見かけました。一般な卵と比べて割高で特売品の卵の倍以上の値段がしていました。なんでこんなに高いの?気になったので、そんなヨード卵の栄養価や特徴について調べてみました。

ヨード卵とは

ヨード卵とは、一般的な卵よりもヨウ素がたくさん含まれている卵のことを言うそうです。そんな卵を生み出すには鶏の飼料に違いがありました。

ヨウ素がたっぷり含まれているヨード卵

ヨード卵は、海藻粉末などの飼料を与えられた鶏が産んだ卵の事を指します。海藻を餌として食べているので、鶏の体内で自然な形でヨウ素が卵に流れ、ヨード卵ができます。ちなみに、ヨードとはヨウ素のことです。

ヨウ素はミネラルの一つで甲状腺ホルモンの主原料になり新陳代謝を促すために必要不可欠なホルモンです。

妊婦がヨウ素を摂取すると

甲状腺ホルモンは、胎児の発育においても重要な役割を担っています。ですから、妊婦のヨウ素摂取量が不足するのは問題です。胎児がクレチン症(先天性甲状腺機能低下症)という甲状腺の機能障害を引き起こす可能性もあるようです。ですから、妊娠中にヨウ素を含んだ昆布やわかめを食べることは大事です。しかしヨウ素の過剰摂取もまた、退治に悪影響を与えることもあります。どんなにいい物でも、取り過ぎは良くないのです。和食中心の日本人は、本来海藻類を摂取することが多いです。要素に関しては不足を心配するよりも過剰摂取に気をつけたほうが良いかもしれません。

妊婦の一日に摂取ヨウ素の量は2mgまで

具体的に、妊婦さんが一日に摂取すべきヨウ素の量は170μgで、上限値は2,000μg(2mg)となります。乾燥昆布なら1g未満、焼きのりなら8枚程度まで食べて大丈夫です。結構たくさん食べても良いのですね。海藻好きな方は安心したのではないでしょうか。

ちなみにヨード卵100gの中には1300μgのヨウ素が含まれています。卵1個は大体50gですから、1個食べれば一日に必要なヨウ素をしっかり摂取できますね。海藻嫌いな妊婦さんは、一日一個以下のヨード卵を摂取することで、ヨウ素不足を免れることができそうです。

ヨード卵といえばヨード卵・光

ヨード卵と言えば、コマーシャルなどで聞いたあるかも多いかも知れませんがヨード卵・光という卵のブランドが有名です。

ヨード卵・光は日本で最初の卵ブランド

ヨード卵・光は1976年から発売されている、ブランド卵です。普通の卵よりもカロリーがやや低く、ヨウ素については70倍以上含まれているという、栄養のかたまりのような卵です。

飼料に特徴があることは先述しましたが、実はヨード卵・光は、もともと飼料メーカーでした。そのため、そのときに学んだノウハウが利用できたため、特殊な海藻粉末や魚粉などを配合した飼料を生み出すことができたようです。ヨード卵・光は、とにかく殻が堅く、割ってみるとその濃い黄身に圧倒されます。殻の堅さは卵の質の良さを表していると言われています。

商品ラインナップ

実は、ヨード卵・光は生卵だけでなく、商品ラインナップも豊富です。卵スープやマヨネーズ、卵豆腐などが愛されています。

特に、マヨネーズは絶品です。マヨネーズ好きには是非ためしていただきたいところです。卵のコクがすごいので、シンプルにそのまま野菜につけていただくのがおすすめです。もちろん、炒め物などに贅沢に使ってもOK。ヨード卵のマヨネーズなんて、贅沢かもしれません。

ヨード卵のおいしさ

ヨード卵のおいしさの秘密はそのコクがいいという方が多いそうです。

コクがいい

卵のコクは、そこに含まれるわずかな苦み成分が隠し味となって生まれるようですが、その苦味成分に、ヨード卵とその他の卵では違いがあるようです。その差はなんと3倍! 味覚センサーで測定した結果、味のばらつきも少なく、安定したコクのある美味しさが自慢のようです。

やっぱりたまごかけご飯

そろそろヨード卵を食べたくなってきた頃でしょうか。ヨード卵のおいしさを一番感じられる食べ方は、ずばり、たまごかけご飯です。シンプルに卵の味わい、コクを堪能できます。嘘偽りのない食べ方で是非、ヨード卵のすばらしさを感じてみてください。

たまご料理に最適

ヨード卵の膨化率を検査したところ、その他の卵にくらべて、生地がふっくらすることが証明されています。良く膨らむだけでなく、生地を顕微鏡で見てみると、整った球状の気孔がきれいに整列して、断面の亀裂も少ないという結果に。このスポンジ構造は、ヨード卵の優れた調理特性を示しています。スポンジケーキを作るときには是非ヨード卵を使用してみたいですよね。

まとめ

ヨード卵が高い理由が分かった気がします。美味しさと栄養価の高さを兼ね揃えたヨード卵。一般的な卵よりも値段は高いですが、少しの贅沢を味わうときなど購入してみてはいかがでしょうか。

コメント