健康そうに見えて実は不健康な食べ物があった

その他

今回は控えた方が良い健康そうに見えて実は、不健康な食べ物についてお話をしていきたいと思います。

皆さんの中にはスーパーなどで買い物をする際に、健康に良さそうな食品を意識して選ぶようにしていませんか?

選んだ食材が本当に健康に良いものであれば良いのですが、実は健康そうに見えても本当は健康にとってあまり良くないこともあるので注意が必要です。

google

健康そうに見えて実は不健康な食べ物があった

健康そうに見えて実は不健康な食べ物の場合、誤解を招くような健康のうたい文句が書かれていたりすることも多いのですが、実際には私達の体にとってあまり好ましくない不健康な成分が隠れて含まれていることもあるんです。

なので健康そうに見えても実は不健康な成分を含んでる食材というものについては、あらかじめ知識として知っておくことが大切なんです。

そこで今回のブログでは、一見健康そうに見えるけど実は不健康な食べ物について紹介していきたいと思います。

健康そうに見えて実は不健康な食べ物1・低脂肪のピーナッツバター

健康そうに見えて実は不健康な食べ物その1は、こちら低脂肪ピーナッツバターです。

嫌々、脂肪を低く抑えてあるのに健康に悪い訳がないと思ってませんか?

実は低脂肪のピーナッツバターは健康そうに聞こえますが、あまり健康に良くないことが多いんです。

その理由が低脂肪のピーナツバターには、従来のピーナッツバターから脂肪を減らす代わりとして砂糖が過剰に含まれていることが多いからです。

健康の為、太らないように選んだつもりが逆に糖分の摂りすぎによって、太ってしまうこともあるので注意が必要なんです。

なのでもしピーナッツバターを選ぶ場合には、原材料にピーナッツだけしか書かれていないシンプルなものを選んでもらった方がいいと思います。

健康そうに見えて実は不健康な食べ物2・野菜チップス

健康そうに見えて実は不健康な食べ物その2は、こちら野菜チップスです。

皆さんの中には、野菜チップスを食べると美味しくて簡単に野菜を摂取できるので、体にいいと思っているかもいるのでは?

ですがいくら野菜を原材料にしていても市販で売られている野菜チップスの多くは、実は体に良くない油を使っています。

工場で大量生産されている揚げ物の多くには、トランス脂肪酸という危険な油が含まれている可能性が高いんです。

このトランス脂肪酸を摂取すると、動脈硬化や心臓病脳梗塞などのリスクを高めることにつながってしまいます。

アメリカにおいてはすでに2018年6月からお菓子などに、トランス脂肪酸を使用することを禁止しているんです。

ですが残念ながら日本においては、トランス脂肪酸の使用に関する明確な規制がないのが現状なんです。

このトランス脂肪酸の危険性に加えて、身体にとって有害な影響を及ぼす恐れがあるのがアクリルアミドになります。

このアクリルアミドというのは、高温で調理された炭水化物において多く検出されています。

ポテトチップスやフライドポテトで、アクリルアミドが検出されやすいということは有名ですが、実は野菜チップスにおいても同様のことが言えるんです。

このアクリルアミドは動物実験において、発がん性が指摘されていますので、基本的には避けた方がいい物質になります。

以上の点から野菜チップスは、できるだけ避けておいた方が無難かと思います。

でもあの手軽さや野菜嫌いの方には止めがたいもの、もしどうしても野菜チップスを食べたいと思った時には、最近ではノンフライの野菜チップスが登場していますのでぜひノンフライのものを選ぶようにしてもらった方が良いと思います。

健康そうに見えて実は不健康な食べ物3・プロテインバー

健康そうに見えて実は不健康な食べ物その3は、こちらプロテインバーです。

タンパク質を効率的に摂取するためにプロテインバーを好んで食べる人も多いと思いますが、プロテインバーはあまり健康に良くないことが多いです。

その理由は多くのプロテインバーには、食べやすいように糖質や人工甘味料が過剰に含まれていたり、合成着色料や香料などの食品添加物の多く含まれていることが多いからです。

なのでもし肉類を控えめにしてタンパク質を取りたいのであれば、魚、豆類、卵、乳製品、ナッツ類などを選んで食べてもらった方が良いと思います。

健康そうに見えて実は不健康な食べ物4・代替肉

健康そうに見えて実は健康な食べ物その4は、こちら代替肉です。

肉をできるだけ食べないで、大豆などで作られた代替肉を選んで食べることは健康に良いイメージがある感じがしますし、値段も手頃で味もそんなに悪くない。

ですが代替肉の種類によっては逆に健康に悪いこともあるので、注意が必要なんです。

その理由は主に二つあります。

  1. 一つ目は食品添加物の問題
  2. 二つ目は遺伝子組み換えの問題です。

代替肉にはほとんどの場合加工が加えられていますが、その加工を加える過程で本来なら不要な添加物が多く加えられていることが多いです。

加えられている添加物は、砂糖や増粘剤、防腐剤、植物油脂など様々です。

代替肉には、このようにとても多くの添加物が含まれていることが多いので注意が必要だと思います。

実は代替え肉で使われる大豆には、遺伝子組み換えのものが使われていることが多いです。

遺伝子組み換えの食材は長期間取り続けることで、がんやアレルギー不妊症などを引き起こす可能性が示唆されています。

なので代替肉については思っているほど、健康にいい食材ではないと考えておいてもらった方が良いかと思います。

しかし代替え肉を上手く活用したいのであれば、選ぶ際に極力添加物が少ないものにすること、そして遺伝子組み換えではないと表記されているものにすること、などを気にしてもらうと良いと思います。

健康そうに見えて実は不健康な食べ物5・シリアル、グラノーラ

健康そうに見えて実は不健康な食べ物その5は、こちらシリアルグラノーラです。

シリアルやグラノーラは健康的な朝食のイメージがあるかもしれませんが、一般で売ってる物のほとんどはあまり健康にはよくないんです。

理由は、ほとんどのシリアルやグラノーラには砂糖や人工甘味料がたくさん使われているからです。

砂糖や人工甘味料がたくさん使われている為、食後に大きく血糖値が急上昇してしまいます。

その結果、太ったり、糖尿病につながる危険性が出てくるんです。

また使われている穀物の多くは、遺伝子組み換え作物を使用しているので、この点にも注意が必要と思います。

なのでもしシリアルやグラノーラを選ぶ際には、全粒粉のものや砂糖ができるだけ少ないものを選んでもらった方が良いと思います。

最後に

今回は健康そうに見えて健康な食べ物として、

  1. 健康そうに見えて実は不健康な食べ物1・低脂肪のピーナッツバター
  2. 健康そうに見えて実は不健康な食べ物2・野菜チップス
  3. 健康そうに見えて実は不健康な食べ物3・プロテインバー
  4. 健康そうに見えて実は不健康な食べ物4・代替肉
  5. 健康そうに見えて実は不健康な食べ物5・シリアル、グラノーラ

を紹介しました。

今回紹介したものについて、すべての商品が悪いわけではないですが選び方をしっかりしないと、不健康なものが多いです。

なのでこれらの商品を選ぶ際には、しっかりと原材料何を確認した上で選ぶようにしてください。

コメント