水道水と上手く付き合っていきませんか

その他

水道水は、毎日の生活で使うもので料理や飲み物、手洗い、うがいや洗濯、お風呂にシャワーまだまだ使用用途はいっぱいです。ほとんどの方は水道水に関わらず生活していくのは困難だと思います。そんな水道水に関して水道水は危険、危ないということを聞いたことがないでしょうか?もし危険であればその危険な水道水を毎日のように家庭に引き入れ生活していくことのデメリットについて考えなければならないと思います。果たして水道水とはどういうものなのか調べてみました。

日本の水道水の安全性

結論から言えば日本の浄水場から供給される水道水は安全と言えると思います。 飲料水としても使用できる安全なお水です。しかもその安全性関しては世界でトップレベルといっても過言ではありません。普通に考えれば飲んでも問題ないと言えると思います。最近では放射性物質の除去も行われています

日本の供給される水道水は安全ではあるが

水道水に健康被害を起こす可能性があるという話をよく耳にする方も多いと思いますが、なぜ危険と言われるのか日本の水道水は水質基準が厳しいくしかも試験項目は51項目もありそれを全て毎日のようにクリアしなければ供給がされていません。水道法第4条に基づく水質基準には平成15年5月30日厚生労働省令第101号の水質基準に関する省令によって定められています。これらの基準は項目が多くなお厳しい基準値が設けられています。そのすべてをクリアしなければならないんです。そう考えると水道水自体は飲んでも問題ないと思いませんか?そうなんです浄水場から供給されている水は安全なんです。しかも水道水を管理する事業者は厚生労働大臣の認可を受け原則としてその経営は各市町村が行なっています 。しかし各水道局の扱う水質はその地方地方によって違うので味という点では違うかもしれません。

残留塩素問題

日本の水道水には塩素消毒を行うことが義務付けられています。その殺菌によって安全に飲めるというのも一つの事実です。しかしこの塩素消毒に対してよく否定的な意見を聞きます。しかし 水道水を安全にするためのこの塩素消毒が必要なんですがこの塩素は確かに人にとって有害となる物質でもあります。多くの方は塩素と聞くと良くないイメージが多いですが水道水に含まれる塩素にはミネラルとしての役割を持つ側面もあるんです。このミネラル成分は胃酸の成分になったり肝臓の働きをサポートする役割を持っていますがしかし実際のところ残留塩素によって味が変わる匂いがある口に残るなどの意見は多数あるのも事実です。しかしこの残留塩素は世界保健機構が定める飲料水水質ガイドラインで残留塩素の量を5 mg/l以下としています。この基準をクリアしていれば生涯にわたって健康被害はないと謳っています。その基準に対して日本では残留塩素の目標が水道の蛇口に来る時点で1 mg/l 以下と定められています。世界基準をクリアした数値よりも厳しい基準をクリアしている残留塩素に関して健康被害に対しては問題ないと考えられていますですから 水道水が危険というのはどうなんでしょうか?という疑問が出てきます 。

老朽化した配水管

確かに浄水場から供給される水の安定性は確かなものですがよくニュースなどで見かける水道管の破裂のニュースをご覧になった方も多いと思いますが日本の多くの配水管の老朽化が問題となっています。そうこの老朽化した配水管の中を通って供給される水でどうなんだろう?そうなんです水道水が危険と言われる所以はここにあるんではないかと思います。配水管の中には赤錆などがあり古い配管には鉛が使われてるとも言われています。どんなに綺麗な水でも古い配管を通して供給されると考えられると考えさせられますよね。

健康被害が気になる成分

水道水に含まれる危険と言われる成分として塩素、総トリハロメタン、鉄錆、鉛があげられます

塩素

塩素について基準は厳しいと言っても塩素が入っていることは事実ですがほとんどの人には問題がありませんが体質によっては敏感に反応してしまうこともありますので実際のところ注意が必要だと思います。

トリハロメタン

トリハロメタンこれは塩素消毒をする際に発生する物質と言われています。しかも発がん性物質です。水道水に含まれてる成分で一番危険と言われるのがこのトリハロメタンと言えると思います。トリハロメタンは発がん性物質であり中枢神経肝臓腎臓などの臓器に悪影響を与えると言われています。また、アトピー性皮膚炎や精神疾患の可能性になるとも言われています。トリハロメタンの一種であるクロロホルムは麻酔薬として使われている物質です。

鉛は長期的に多量摂取すると視覚聴覚動作能力に影響が出る可能性がある物質です。

錆び(さび)

錆びは過剰摂取すると肝臓機能の低下を招く恐れが指摘されています。

しかしこれらの物質はすべて水質基準によってそのその含有量は健康被害を招くおそれのある基準以下になっていますのであまり気にする必要性はないと思います。

それでも含まれていることは事実ですから気になる方はこれらの物質を除去できる浄水器などを取り付けるのもいいかもしれません。

最後に

日本の水道水は安全性が高い飲み水としても使えるものですが少量であっても有害物質が含まれていることも事実です。水道水に関しては人それぞれの考え方によって浄水器をつける、使用用途を分ける等の対応により各家庭の生活スタイルに合わせた使い方がいいのではないかと思います。

コメント