水道水は世間のイメージほど飲めない水なの?

その他

いきなりですが皆さんは、ご家庭で飲む飲料水のお水はミネラルウォーターを買って飲んでいますか、それとも水道水を飲んでいるのでしょうか?日本の水道水は基本的には厳しい水質基準をクリアしていて問題なく飲料できますが多くの方がミネラルウォーターを買ってお飲みになってる方も多いかと思います。なぜ水道水ではなくミネラルウォーターを買って飲むの方が増えたんでしょうか。その理由にマスコミやメディアによる水道水の危険性や味のまずさなどを取り上げる行為が多いからではないでしょうか。少し腑に落ちない点があったので調べてみました。

google

飲料水として水道水が飲める国は世界で10カ国だけ

日本は世界にある196カ国の中で水道水が飲料水として飲める数少ない国のひとつです。これって凄いことじゃないでしょうか。世界で飲料として飲める水道水を提供している国は10カ国だけなんですよ。

水道水が飲める国10カ国とは

アイスランド、アイルランド、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、ドイツ、オーストラリア、南アフリカ共和国、スロベニア、の10カ国です

飲める水道水を供給している全ての国に共通して国土が大きくないことがいえます。日本はそんな環境で飲料として飲める水道水を供給する数少ない国のひとつなんです 。

厳しい水質基準

飲める水道水を供給するためには川から引き込まれる水に含まれる不純物や細菌などを除去しなければなりません。そのために厳しい環境基準や排水基準、浄水場があり浄水場が厳しい検査基準に基づき飲料水を作って供給していますます。またこの浄水場は高度処理を行う関係上多額の資金がかかっているのも事実です。この資金は皆さんが納めている税金や上下水道の使用料金から支払われています。税金と聞くと削減するように、削減しなければいけないようなイメージがありますが、水というものは人が生きるうえで必要不可欠のものな上安全でなければなりません。このようなものを作る施設においてその能力を低下させるということは飲料水を危険にすることも考えられます。技術が進み先進技術によりどんどん安全な水道水ができる環境を維持するために必要な税金の投資は仕方ないのではないでしょうか。ほとんどの方が生まれてから今日まで蛇口をひねれば水が出てくる当たり前の環境で暮らせるのはこの浄水場の働きものだと思いませんか?そんな浄水場が世界でも類を見ないほど厳しい基準で作って供給いるのもを危険だという方もいらっしゃいますが実際はミネラルウォーターよりも厳しい基準をクリアして各家庭に供給されていることをご存知でしょうか。多分ほとんどの方がミネラルウォーターの方が基準が厳しいと思っとられるかもしれませんが実際は違うんですよ。

もし安全な水道水が供給できなかったら

先ほど説明したように世界では水道水を飲めない国が大半です。その飲めない中でも発展途上国などでは生きるために必要な水をどのようにして手に入れてるのか考えたことがあるでしょうか。日本では当然のように水道水の蛇口をひねれば水が供給されます。しかし水道施設や浄水場が 浄水設備が整備されてない発展途上国の中には生きる上で必要な水を手に入れるために川や池湖の水を飲み水として今も利用しています。供給設備がない国ではその飲み水生活するために必要な水は全てその川や湖などまで汲みに行かなければなりません。しかもその川や湖の水が汚れている場合がほとんどで日本の上流などのような綺麗な飲み水などではないのです。実際発展途上国の中では汚れてとても飲めるような状態ではない水でも生きるために飲まなければならないのが現状です。 もしも日本に水道施設や浄水場がなかったら同じように汚れた川から飲み水を組んで生活をしなければならないそんなことも考えられますね。仮に綺麗な水があるところに住めばいいという考え方もあると思いますがそれでも生活に必要な水を毎日のように川汲みにに行かなければならないことは変わりありません。1日の大切な時間の大半を生活する上で必要な水を汲むために使わなければならないんです。 そんな生活してみたいですか?

コロナ対策にも大活躍

水道水と言えば飲み水と考えがちですが水道水の使い道は当然飲み水だけではなく洗濯や食べた後の食器の洗い水、お風呂の水、トイレを流す水、そして今一番必要とされているであろう手を洗う水です。そう現在、流行し皆さんの生活を悩ませているコロナウイルス対策にもこの水道水というのは目立ちませんが大活躍してるんですよ。もしもですがこの手洗う水が不衛生な水だったらどうでしょう。いくらコロナウイルスを洗い流すために洗ったとしても違う細菌が手につき違う病気が流行ってしまいますよね。そういうことは現実一切起きてません。それどころか手についた細菌をきれいに流し衛生を保つことに大活躍してるのが現実ではないでしょうか。

海外から見た日本の水道

中国の一部の記事ですが日本ではミネラルウォーターに一般的な食品と同じ安全基準が採用されるのに対し水道水はより厳しい 水道法が適用されて水に含まれるヒ素、フッ素、ホウ酸などが国の定める安全基準以下であることを確認して初めて水道管を通じて各家庭に送られている。特に発がん性の高い人はミネラルウォーターに比べて5倍も厳しい基準だと報道されている。と報道しています。

最後に

ミネラルウォーターよりも厳しい安全基準の水道水で各家庭に供給されているんですよ。ただし浄水場から供給される水は安全でも老朽化した配水管に含まれる不純物が一緒に供給される恐れも否定は出来ませんがもう少し水道水を認めてもいいんではないでしょうか。一部の方の言う危険という言葉だけでなく安全性についてももう少し調べてから悪く言ってもいいんではないでしょうか。

ちなみに私は浄水場関係者ではありませんので悪しからず。

コメント