水分補給の大切さと飲むタイミング

その他

水。

水分は、命を維持する上でとても大切なものです。

水は、血液や皮膚・筋肉・臓器・骨などあらゆる場所にあり、成人のカラダの約6割が水分で構成されていると言われています。

1日に必要な水分量には諸説あり、一概には言い切れませんが、人間のカラダは安静にしていても最低1200mlは必要とされています。

1日あたり1500ml(1.5L)~2000ml(2L)の水分補給を目安にしましょう。

水分補給の大切さと飲むタイミング

必要な水分補給量は?

年齢、性別、体格、活動量などで変わってきますが、目安として体から出て行く水分は便と尿で1400mlくらい、汗と呼気で900mlの合計2300mlの水分が排出されています。

こうして考えると、失われる水分を補給する意味でも1日2Lの水分は必要ということになります。

えっ?

なら毎日2Lの水を飲まなきゃいけないの?と思うかもしれませんが、その2Lをすべて「飲む水分」と考えなくても大丈夫なんです。

そう食べ物からも水分が得られるんです。

とりわけ、野菜・果物には多くの水分が含まれていて、水分補給に適しています。

また、食事からも水分を摂ることができます。

例えば、お米も「ごはん」になると、水を含むので水分は約4倍に増えます。

また、スープや味噌汁なども水分が多いため、1日の食事で1Lの水分が得られるとされています。

水分補給の適切なタイミングは?

おすすめの水分補給のタイミングは、

  1. 起床時
  2. 入浴の前後
  3. 眠る前

朝目覚めたときは、寝ている間の発汗により、カラダが水分不足になっています。

まずはコップ1杯の水分を摂るようにしてください。

さらに、喉が渇く前にこまめに水分を摂ることも大切です。

というのは、喉の渇きを脳が感じるときには、カラダの脱水が進んでしまっているとされているためです。

どんな飲み物を選ぶのがベスト?

水道水を飲むなら、一度沸かした「湯冷まし」にすると有害物質が抑えられます。

お気に入りのミネラルウォーターを見つけるのもおすすめです。

上手に水分補給すれば、熱中症の予防につながります。

特に、運動をした日や汗をたくさんかいたときなどはこまめな水分補給を忘れないようにしてくださいね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました