甜茶(てんちゃ)でなく 碾茶(てんちゃ)

スポンサー
お茶

てん茶って耳にされたことありますか。中国茶にも甜茶(てんちゃ)というお茶がありますが今回調べたてん茶は中国茶の甜茶とは全く違うもので漢字で「碾茶」と書きます。てん茶とはどんなお茶なのか効能や効果についても調べてみました。

てん茶とは

てん茶は漢字で「碾茶」と書きます。蒸した緑茶の一つですが、てん茶は煎茶などのように茶葉を急須に入れてお湯を注いで飲むお茶ではなく、抹茶の原料になる茶葉のことです。玉露と同じようにチャノキから茶の葉を摘むまで20日以上、藁や寒冷紗など遮光性の資材で被覆して日光を遮って育てた若い新芽を蒸して揉まずに乾燥したお茶です。

日光を遮って育て、年の最初に摘んだ新芽で作ったお茶(一番茶)を原料とします。最初は煎茶の製造工程と同じですが、てん茶は蒸した後、揉まずにそのまま乾燥させ、茎や葉脈などを除きます。そののち挽臼で細かく砕いて作ったものです。

てん茶の特徴

玉露と同様、収穫前に被覆した茶葉を蒸し、乾燥させて作ります。てん茶とほかのお茶の違いはお茶の中で唯一揉まないで作られるお茶だという点です。煎茶のように茶葉を揉む工程が無いため、形状は一見、青海苔に似ています。てん茶の香りは玉露に感じる独特の覆い香(海苔の香り)があり、適度に香ばしいのが特徴です。

てん茶は抹茶の原葉

てん茶は石臼でお抹茶に碾きあげる前の原葉です。抹茶はこのてん茶を石臼で粉末にしたお茶です。抹茶はてん茶を粉末にして茶葉ごと飲むので、てん茶の茶葉に含まれている成分をそっくりそのまま摂取することができます。

てん茶のカフェイン量

てん茶とは普段目にしませんが、抹茶の原葉ということであるならば必然的に抹茶と成分が同じというわけです。てん茶はチャノキの葉で作られているのでカフェインが必ず含まれていますが、含有量がどのくらいであるかは、チャノキによっても違いがあり、また日本茶には食品表示法で成分の含有量の基準がないため明確な数字は出ません。

しかしカフェインは若い芽に多く含まれ、成熟した芽では少なくなるので、若い芽を摘んで作られるてん茶は、カフェインの含有量はチャノキの2番茶、3番茶の葉で作られる煎茶よりも多いことは確かです。

てん茶の効能や効果

日光を遮って成育したてん茶の茶葉はうま味成分であるテアニンというアミノ酸の一種を多く含んでいます。テアニンは、お茶の木の根の部分で作られ、そして葉に移動します。その葉が日光を浴びることによってテアニンはお茶の渋み成分であるポリフェノールの一種のカテキンへと変化します。しかしてん茶は日光を遮って育てられた葉を使って作られているのでてん茶の茶葉にはテアニンがカテキンに変化しないまま成分として多く含まれているのです。

そのほかカフェイン、ビタミンC、E、A、ミネラル(カリウム、カルシウム、リンなど)、食物繊維などの成分を含有しています。てん茶を原葉とした抹茶は、お湯で抽出して飲むお茶と違い、茶葉を粉末状にしてそのまま飲むため、葉に含まれる栄養素を余すところなく摂ることができ、美味しさと共に、健康にもよいと親しまれています。

テアニンの効能と効果

ある研究チームの報告ではテアニンを摂取すると約40~50分でリラックスしている時に発生する脳波(α波)が出現すると報告されています。

心の興奮を鎮めて緊張を和らげる作用があるので、心身をリラックスさせる効果や睡眠の改善にも効果が期待されています。お茶を飲むとほっとひと息ついたような安らぎを感じるのは、テアニンによる癒し効果であるためと言われています。

ビタミンの効能と効果

てん茶の成分には、美容にも健康にも嬉しいビタミンが含まれています。ビタミンCはシミを薄くしたり肌にハリを与え、美肌効果があると言われます。ビタミンEは抗酸化作用があり肌の老化防止に作用し、肌のアンチエイジングに効果的です。

カフェインの効能と効果

カフェインの主な作用は覚醒作用・利尿作用です。脳の中枢神経を刺激することで覚醒作用が働きます。眠気を防いだり仕事などの作業の能力をアップさせ、集中力を高めてくれます。運動能力の向上にも効果的だと言われています。

また、カフェインを摂取して適度な運動を行うと、体内の糖分(ブドウ糖=グリコーゲン)より先に、脂肪を先にエネルギー源として利用する現象がみられるため、持久力の向上に役立ちます。そして脂肪を燃やしてくれるのでダイエットの効果にも期待されています。休憩時間にお茶を飲むようになったのは、カフェインには疲労回復の作用がありリラックス効果があるので気分が爽快になりリフレッシュできるためと考えられています。

てん茶は健康に良い

てん茶は主に抹茶の原葉として使われます。てん茶の茶葉にはリラックス効果などが期待されるテアニンや、疲れを回復させてくれるカフェイン、美容に良いビタミンなど健康に嬉しい成分が含まれています。てん茶を石臼で挽いて作った抹茶はこのてん茶の茶葉をまるまる摂取するため、成分をそのまま摂ることができます。

てん茶の茶葉を急須に入れてお湯を注いでお茶として飲んでも構いませんが、てん茶は煎茶などほかのお茶と違い製造工程で「揉む」工程をせず乾燥させたお茶なので、お湯を注いで抽出しようとしても葉がひらかず、薄いお茶になってしまいます。てん茶を楽しむのなら抹茶になったてん茶を楽しんでいただくことがおすすめです。

コメント