人は食べた物で創られる③ 皮膚編

スポンサー
体のパーツ

最大の臓器 皮膚 

皮膚って体の表面を覆っていて細菌や刺激温度など感じるものだと思っていましたけど最大の臓器とは?これも少し調べてみました。

ちょこっと調べたらいきなり皮膚は最大の臓器ですって出てきてビックリです。

皮膚の6つの働き

皮膚の6つの働きは、[ 保護作用 ][ 分泌作用 ][ 体温調節作用 ][ 貯蓄作用 ][ 排泄作用 ][ 知覚作用 ]です。

保護作用

体外からの刺激(機械的・物理的な外力、化学刺激物質、微生物、紫外線など)から体を守るとともに、体内からの水分喪失を防ぎます。

分泌作用

皮脂や汗を分泌します。皮脂腺から分泌される弱酸性の脂(皮脂)は、皮膚の乾燥を防いだり、細菌の繁殖を防いだりする役割を担っています。

体温調整作用

暑いときには汗を出して体温の上昇を防ぎ、寒いときには立毛筋を収縮させて体温が奪われないようにします。

貯蓄作用

皮下に脂肪を蓄える作用をもちます。

排泄作用

体内の老廃物を汗腺から汗として体外に捨てる作用をもちます。

知覚作用

触覚や痛覚、温覚・冷覚、かゆみなどの感覚をとらえる役割もあります。

皮膚を作るのには何を食べればよいのか

皮膚を作るのに必要な物まずは、[たんぱく質][ビタミン][ミネラル]です。

たんぱく質

これは、骨と筋肉と同じです。

ビタミン

ビタミンには沢山の種類がありますがその中でまずは、

ビタミンA ビタミンA は、皮膚や粘膜を健康に保つために必要な栄養素。肌の基礎体力をあげるために、必要不可欠な存在と言われています。肌のカサつきやシワに悩んでいる人はしっかり摂りたいですね。

ビタミンC ビタミンCには、 しみ、そばかすの原因となるメラニン色素の生成をおさえる働きがある 。

たんぱく質は、体を作るうえでは大切な栄養素なんですね。

筋肉を作るのがメインだと思ってました。

コメント