google

手軽に食べられるバナナが凄いってお話

健康維持

手軽に美味しく食べられるバナナ。そんなバナナを毎日食べているという人も多いと思います。なんとなくバナナは体にいいと聞いたことはあってもバナナのすごい効果に気付いていない人も多いのではないでしょうか。バナナは、アスリートたちに好まれるフルーツでもありますよね。そこで今回は、バナナを食べることですごい効果があるということを調べて紹介していこうと思います。

バナナって包丁とか使わなくても

簡単に手だけで皮がむけて食べられるからおてがるなんだぜ

バナナとは

最も栄養価の高いフルーツの一つで、信じられないほど栄養価が高いのです。元気に1日を始めるのに大切な朝の時間帯に手軽に食べるのでおすすめです 。バナナには実にたくさんの栄養素が含まれています。たっぷりの食物繊維、抗酸化物質、ミネラル、ビタミン、炭水化物、タンパク質などの栄養素がつまっています。バナナには、たくさんの水分が含まれますが脂肪がほとんど含まれていません。

ダイエットに効果的

ダイエットに毎朝必ずバナナを食べてはいかかでしょうか。バナナは、ダイエット中の方にとって大きな味方になってくれます。バナナに含まれるカロリーは、ごくわずかで満足感を与え栄養価が高いので朝食にバナナと少量のたんぱく質、ナッツ類、コーヒーや紅茶を取ってみてください。これだけで満足感を感じとても元気に過ごせればダイエット成功への近道です。

食物繊維が豊富

これは、消化器系の健康を守り、ダイエット中に起こりがちな便秘とサヨナラできます。特にダイエットに効果的なのは熟していない緑色のバナナです。まずは10日間食べてみてどんな効果があるのか試してはいかがでしょうか。

血糖値の調整

バナナは、血糖値は食後の血糖値を調節するのに役立つ可溶性繊維であるペクチンが豊富に含まれています。これは食欲をコントロールし満足感を長続きさせます。あまり熟していないバナナは血糖指数を調整するのに役立ちます。他のフルーツを食べた時に起こるような血糖値の急激な上昇をかけてくれます。しかし糖尿病の方は熟したバナナを食べない方が賢明です。

消化器系を助ける

バナナは、消化器系を改善します。バナナ一本にはペクチンとでんぷんの2種類の食物繊維が含まれます。これらの食物繊維はあなたの消化器系を改善してくれます。でんぷんは、消化管から抜け出して大腸に直接届きます。そこで健康な腸内細菌のための食糧となります。強くて健康的な腸内細菌は、あなたの体全体の健康に役立つ栄養をよりよく吸収し便秘を予防してくれます。 

カリウムが心臓を助ける

バナナは心臓の健康を守ります。カリウムは血圧を調整しバランスを取るために必要不可欠なミネラルです 。バナナを食べることを習慣づけると心臓の健康を守るために必要なカリウムを十分に心臓血管に届けられるます。

筋肉にも優しい

アスリートに大変人気のあるバナナ。それはなぜでしょうか?それは、消化しやすいミネラルや炭水化物が豊富に含まれているから。バナナを定期的に食べるとバナナのカリウムが運動時に起こる筋肉の痙攣を予防してくれます。アスリートではなくてもカリウム不足で筋肉の痙攣に悩む人が多くいます。そんな悩みのある方は、食事にバナナを追加してみてください。効果が期待できるかもしれませんよ。さらにバナナを食べると運動前、運動中、運動後に多くの栄養素を体に取り入れることができます。筋力トレーニングをしている場合は特に必要となりますしランニングやジムに行く時にバナナをバックの中に入れておいてはいかがでしょうか。

最後に

少しはバナナの素晴らしさを実感できたと思います。でも毎日バナナを食べるのは大変だと感じる人も多いと思います。少なくとも週に3回位、お食事にバナナを取り入れてみてはいかがでしょうか。もしかしたら、あなたの体が喜ぶのを体感するかも知れませんよ。 

コメント