google

成分調整牛乳と成分無調整牛乳の違い

その他

栄養補給に牛乳を飲まれている方も多いと思います。私も牛乳は飲みます。どんな牛乳には成分調整牛乳と成分無調整牛乳がありますが御存知でしたか?。ほとんどの方はご存知だと思いますが、では違をきちんと説明できますか?私は出来ませんでした。それでそれらの違いやそれぞれの特徴を調べてみました。似たような商品の生乳や加工乳、乳飲料などと牛乳の違いにも調べました。

成分無調整牛乳が「牛乳」

成分無調整牛乳が普通の「牛乳」のこというそうです。知りませんでした。では成分調整牛乳とはどういった飲料なのかは、調整の仕方に種類があり、その数だけ成分調整牛乳が存在します。

成分調整牛乳はとは

成分調整牛乳とは、読んで字のごとく、成分を調整した牛乳のことを言います。生乳から脂肪分を一部取り除いたものを低脂肪牛乳、水分の一部を取り除くと特濃牛乳と呼ばれます。他にも、牛乳には、ミネラルなども含まれており、それらの成分を調整することでさまざまな成分調整牛乳ができます。

無脂肪や低脂肪牛乳が安い理由

私事ですが牛乳を買うときに値段を気にしてついつい低脂肪乳に手がでます。それは成分調整牛乳の中でも、無脂肪牛乳や低脂肪牛乳は値段が安いことが多いからです。スーパーマーケットなどでもその差は歴然だと思います。私と同じようになんとなく安い方を選んでいる人も少なくないのではないでしょうか。

なぜ、成分調整牛乳の方が安いのか、それは加工の過程で取り除いた脂肪分をバターなどに使用することに利用出来るからなんです。ほかにも酪農家が調整牛乳用に原材料を安く売ってくれるような仕組みも整っているようです。無調整牛乳より手間がかかるのに安いのは、このように納得のいく理由が存在していたんですね。

低脂肪牛乳と無脂肪牛乳の違いは

成分調整牛乳の中でも、低脂肪牛乳は、生乳から脂肪分の一部を除去したものですが、具体的には乳脂肪分が0.5%~1.5%までのものを言います。無脂肪牛乳は脂肪分はほとんど取り除いているため、乳脂肪分は0.5%未満のものを言います。それぞれの詳しい栄養価についてはこの後記載します。

成分無調整牛乳の栄養価

成分無調整牛乳、いわゆる牛乳の基本的な栄養価について調べてみました。カルシウムが豊富な牛乳、実はそれだけではない栄養の王様と言っても過言ではない食品とも言われています。

牛乳と生乳の違い

牛乳は牛の生乳からできています。生乳は牛乳のもとになる牛の乳そのもののことを指します。生乳は空気に触れさせないように保冷され、工場へと運ばれたのちに加熱殺菌処理をされて、牛乳になります。牛乳は牛の乳そのものをそのまま飲んでいるわけではないということですね。

カルシウム以外の栄養

牛乳はカルシウムが豊富な食品と誰もが最初に言うと思います。実はそれ以外にも栄養がいっぱい含まれています。

人間の体を作ったり、生命活動をする上で重要なのが3大栄養素(たんぱく質、脂質、炭水化物)です。それらの働きをサポートするのがミネラルやビタミンなのですが、牛乳にはそれらがバランスよく含まれています。人間が必要とする栄養素をたくさん含んだ牛乳は、栄養の宝庫ともいえるかもしれませんね。

病気を予防する効果

牛乳には上記の栄養成分の他にも、病気を予防する重要な機能が含まれていることもわかってきました。これを生体調整機能と言います。免疫力を高めたリ、菌への感染を予防したり、血圧を下げたりするその働きの効果に、期待がされています。

成分調整牛乳の栄養価とカロリー

成分調整牛乳のそれぞれの特徴や栄養価などについても調べてみました。持病や健康状態等、自分に合ったタイプの成分調整牛乳を選ぶことなんかも出来るみたいです。。

脂肪分を控えたい人は、無脂肪牛乳や低脂肪牛乳

ダイエット中の人や持病の関係で脂肪分をとりたくない人は、無脂肪牛乳や低脂肪牛乳がお薦めです。カルシウムなど、脂肪分以外の栄養価はほぼそのままです。たんぱく質が多めであるところも特徴です。牛乳に比べてカロリーは低いですが、無脂肪牛乳と低脂肪牛乳にその差はあまりないと言われています。

脂肪分を多めに調整した特濃牛乳

通常の牛乳よりも水分を一部除去し、脂肪分を多めに調整した特濃牛乳と言う成分調整牛乳も販売されいます。濃厚な味わいが好きな方や料理に使うとコクが生まれて良いとのことです。

最後に

「牛乳」と表示できるものは、脂肪分の量に関係なく、原材料が100%生乳である必要があります。生乳以外の成分を何か加えた飲料は成分調整牛乳とは呼ばず、乳飲料、加工乳などと呼ばれていたんですね。

調べてみて少しですが違いが理解できました。ご覧になった方に成分調整牛乳と成分無調整牛乳の違いや牛乳と乳飲料などとの違いが少しでも理解していただいたのなら幸いです。。乳製品は幅広くいろいろな製品になっているので、さまざまなおいしさの違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。。

コメント