内科医に聞いた血液をドロドロにしてしまう食べ物

健康維持

今日は、内科医の先生から聞いたことをブログにしてみました。

今回は、ぜひ皆さんに控えてほしい血液をドロドロにさせてしまう避けるべき食材をテーマにお話をしてきたいと思います。

日本人の死因の上位には、心筋梗塞、脳梗塞などの血管系の病気がいつも入ってます。

これらの病気は血管内がドロドロになることによりその結果の血管の中に血栓ができてしまい引き起こされるので血液を詰まらせないということが非常に大事になってきます。

以前にあげたブログでは、血液ドロドロ状態からサラサラ状態に変えるために積極的にとって欲しい食材として納豆、玉ねぎ、ニンニク、鯖缶、、トマト、しいたけ、わかめの7つの食材を紹介しました。

※内科医が伝える血液サラサラ食材

血液をドロドロにさせないために控えてほしい食材は?

そこで今回のブログでは、血液をドロドロにさせないためにあまり食べないで欲しい、出来れば控えてほしい食材を7つ選んで紹介してきたいと思います。

血液をドロドロにさせないために控えてほしい食材その1・お酒

血液をドロドロにさせないためにあまり食べてほしくない食材その1は、お酒です。

お酒は適量ならいいのですが飲みすぎるとアルコールの利尿作用によって脱水傾向になりその結果、血液がドロドロになりやすくなってしまいます。

なのでアルコールを飲む際には、飲むアルコール以上に水分補給をしっかりするようにしてください。

血液をドロドロにさせないために控えてほしい食材その2・ベーコン

血液をドロドロにさせないためにあまり食べてほしくない食材その2は、ベーコンです。

摂取する脂肪の種類によって動脈硬化のリスクは大きく変わりますがベーコンには、質の悪い飽和脂肪酸が多く含まれていますので食べ過ぎると高脂血症になり動脈硬化になるリスクが高まってしまいます。

またベーコンなどの加工肉は大腸がんなどの発がんリスクにもなるので注意をしてください。

血液をドロドロにさせないために控えてほしい食材その3・ポテトチップス

血液をドロドロにさせないためにあまり食べてほしくない食材その3は、ポテトチップスです。

ポテトチップスをはじめスナック菓子には、トランス脂肪酸が多く含まれています。

このトランス脂肪酸は、血液をドロドロにさせる元になるのであまり取らないように気をつけてほしいです。

またポテトチップスには高温で調理される結果、生成されるアクリルアミドにより発がん性も確認されていますのでこちらについても注意をしましょう。

血液をドロドロにさせないために控えてほしい食材その4・マーガリン

血液をドロドロにさせないためにあまり食べてほしくない食材その4は、マーガリンです。

朝のトーストにつきもののマーガリンですが海外の一部の国では、健康上の影響が原因で販売が禁止されているほど実は、危険な食べ物なんです。

その理由は、マーガリンに多く含まれているトランス脂肪酸になります。

このトランス脂肪酸により動脈硬化が促進され心血管イベントの危険性を高めることに繋がりますのでできるだけマーガリンは食べないようにしてください。

ちなみにマーガリンの代わりとして少量のバターであれ OKです。

血液をドロドロにさせないために控えてほしい食材その5・ジュースです。

ジュースには、砂糖が多量に含まれています。砂糖の過剰摂取により動脈硬化が進展したり糖尿病のリスクが高くなるので注意をしましょう。

実は、みなさんが健康的だと思っていることが多い野菜ジュースやフルーツジュースも実は例外ではなく美味しくするために多量の砂糖が使われてることが多いので注意をしてください。

この点については栄養ドリンクや清涼飲料水も同様です。

市販の飲料水で甘くて美味しいもののほとんどには多量の砂糖が使われていることが多いので注意をしてください。

血液をドロドロにさせないために控えてほしい食材その6・古い揚げ物

血液をドロドロにさせないためにあまり食べてほしくない食材その6は、古い揚げ物です。

油は、時間が経つと酸化された油に変化しますがこの酸化された油は、動脈硬化を進展させてしまいます。

作ってから時間が経った古い揚げ物には、良い事がありませんので揚げ物を食べるのなら作りたて、揚げたてのものだけにしてください。

血液をドロドロにさせないために控えてほしい食材その7・ドーナッツ

血液をドロドロにさせないためにあまり食べて欲しくない食材最後の7つ目は、ドーナッツです。

ドーナツは、大量の砂糖と油で作られていますので健康にとっては明らかに良くないです。

しかもドーナツを作った後にすぐ食べることはないので手に入れる段階でほとんどの油は酸化してしまっているんです。

また店によっては、トランス脂肪酸を使っていることもあるので注意をしてください。

なのでドーナツは日常的に食べるのではなくたまにご褒美として食べる程度に控えておいた方が良いかと思います。

最後に

今回は、血液をドロドロにさせないためにあまり食べて欲しくない食材としてお酒、ベーコン、ポテトチップス、マーガリン、ジュース、古い揚げ物、ドーナツを紹介しました。

今回紹介したものは、どれも取り過ぎには注意が必要です。ぜひ今回紹介した食材をできるだけ食べないようにして血液がドロドロにならないように気をつけてみてください。

今回挙げた7つの食材を控えることも大事になりますが以前に紹介した血液をドロドロ状態からサラサラ状態に変えるためにとって欲しい食材を積極的にとってもらうことも大事になりますので過去のブログも併せて確認をしてみてください 。

※内科医が伝える血行を良くするために取るべき食事

※内科医が伝える血行を良くするために取るべき飲み物

コメント

タイトルとURLをコピーしました