梅雨の時期の体調不良の方にお勧め食材があった!

健康維持

今回のテーマは梅雨に体調が悪くなる人に是非とってほしいある食材についてです。

ジメジメとした梅雨の季節がやってくると頭痛がしたり、むくんだりして体調が悪くなる人いませんか?

梅雨になると体調が悪くなる原因としては、主に低気圧や湿度が高いことが挙げられます。

そう湿度が高いと水分が外に出て行かないため、体に水分を溜め込みやすくなってしまうからです。

梅雨の時期はそんな低気圧や湿度の影響で、頭痛やむくみが梅雨の時期には起きやすくなってしまいまうんです。

そこで今回のブログでは、梅雨の時期に起きやすい体調不良を今より少しでも改善するために取るべきものについて紹介してきたいと思います。

梅雨の時期の体調不良の方にお勧め食材があった

梅雨の時期の体調不良の方にお勧め食材1・コーヒー

まず初めに梅雨の頭痛に効果のあるものそれはズバリ、コーヒーになります。

梅雨の時期になると血管が広がることによって、偏頭痛が起きやすくなります。

そんな時にコーヒーのカフェインによる血管収縮効果により、頭痛を緩和する効果が期待できるんです。

そしてコーヒーを飲む場合には、断然ホットがお勧めです。

アイスコーヒーだと体を冷やしてしまうので、体が冷えやすい梅雨の時期には避けておいたほうが無難だと思います。

なお片頭痛ではなく、肩こりや首の血行不良からくる頭痛の場合には、コーヒーは逆効果の場合もありますので結構があまり良くない方は、避けておいたほうが無難かもしれません。

梅雨の時期の体調不良の方にお勧め食材2・カリウムの豊富な食材を食べる

そして次に梅雨のむくみに効果のあるものそれはズバリ、カリウムの多い食材になります。

梅雨の時期のむくみを治すには、体にたまった余分な水分と塩分を体の外に出していく必要があります。

そのために必要な栄養素がカリウムなんです。

カリウム多く含まれているものに

  • 野菜
  • 果物、
  • 海藻類

があげられますが、特にオススメなのが夏野菜であるキュウリになります。

他にカリウムが多い具体的な食材としては、

  • ほうれん草
  • バナナ
  • ワカメ
  • アボカド
  • アーモンド

などがあげられます。

特にバナナ、アーモンドは手軽に食べられるますのでお勧めです。

ただバナナ、アーモンドはカロリーが高い食材になるので、食べすぎには注意してください。

ここでひとつ注意事項ですが、むくみの悪化の原因として塩分の摂りすぎには注意が必要です。

塩分を摂りすぎるとすぐにむくみに直結しますし、高血圧の原因にもなります。

特に梅雨は湿気のせいで、汗で塩分を外に逃がしにくいので注意をしてください。

梅雨の時期の塩分管理は特に気を使ってみてください。

最後に

今回は梅雨に起こりやすい頭痛やむくみを解消するために取るべきものとして、コーヒーそしてカリウムの多いきゅうりなどの食材を紹介しました。

これらの食材を積極的に摂ることによって、どんよりとした梅雨による体調不良を乗り切っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました