内科医に聞いた カロリー0の怖さ

健康維持

今回はカロリーゼロ食品がなぜ、健康に悪いのかについて説明をしていきたいと思います。

皆さんはカロリーゼロや低カロリーの飲み物や食べ物を食べても、太らないから安心と考えたりして意識的に選んだり、無意識のうちに食べ過ぎたりしていませんか?

本当は怖い カロリー0

カロリー0が太らない訳ではない

太らないイメージのあるカロリーゼロ食品ですが実は、健康上はあまり良くなくかえって太ってしまったり、血糖値を上げてしまうことも多いです。

その原因として考えられるのが、人工甘味料なんです。

人工甘味料とは砂糖、はちみつ、メープルシロップなどの自然に存在する甘味料とは異なり、文字通り人工的に化学合成された甘味料のことを指します。

そこで今回のブログではカロリーゼロ食品に使われることが多い人工甘味料がなぜ、健康に良くないのかについて説明をしていきたいと思います。

カロリー0が健康に良くない理由

まずはじめに人工甘味料はゼロカロリーなのになぜ、甘いのかについて考えたことありますか?

それには理由があるんです。

人工甘味料は体内で分解されないから0

人工甘味料がゼロカロリーであるその理由は、体内で分解されないからなんです。

普通に炭水化物を取った時には、この炭水化物は体の中で分解されてブドウ糖となり、このブドウ糖によってカロリーが生じたり、血糖値が上がったりします。

しかし多くの人工甘味料は体の中で分解されないので、余分なブドウ糖を発生させたり、吸収させたりしないので太る原因となる糖質に分解されないのであれば、余分な糖質を吸収しなくてすむため人工甘味料は健康に良いと思うかもしれません。

体内で分解されないからこそ危険

しかしこの考え方にはある盲点が、潜んでいるんです。

人工甘味料は排泄までに時間がかかる

人工甘味料が健康に良くないその理由は、排泄に時間がかかるからなんです。

人工甘味料は分解されないものが多いですが、その一方で体の外に排泄されずに残ったり、排泄されるのに時間がかかってしまう結果、体内で蓄積していってしまうことが問題となってしまうことが多いです。

排泄までに時間がかかる影響で腸細菌に影響を及ぼす

人工甘味料の蓄積による害として考えられるのが、腸内細菌のバランスの乱れです。

人工甘味料を日常的に摂ることで蓄積が進んでしまうと、腸内細菌のバランスが乱れやすくなってしまいます。

腸内細菌のバランスが崩れた結果、免疫力が低下してしまったり糖質の吸収がしやすくなってしまう事で逆に、糖尿病を引き起こす恐れもあるんです。

人工甘味料は食欲を増してしまう

人工甘味料の蓄積による身体の悪影響の二つ目として考えられるのが、食欲の増強効果です。

人工甘味料には過剰に食欲を増やしてしまう作用があるので、人工甘味料を取ることで逆に肥満につながるということも分かっているんです。

人工甘味料はカロリーゼロなので太らないと思い込んで、人工甘味料を選んだ結果、皮肉にも逆に太ってしまったということも多いので、注意が必要かと思います。

人工甘味料は肝障害の危険がある

人口甘味料の蓄積による身体の悪影響の、つ目として考えられるのが肝障害です。

体の中で分解されずに残った人工甘味料は、肝臓などに蓄積されていってしまい最終的には、肝障害につながるリスクがあるということも指摘されているので、注意が必要と思います。

また人工甘味料の種類によっては、分解されるものの体にとって良くない分解のされ方をされてしまうものもあるんです。

体に良くないものに分解される人工甘味料

体に良くない分解のされ方をする人工甘味料の代表として挙げられるのは、アスパルテームになります。

アスパルテームは体の中で、メチルアルコールという物質に変換されてしまいます。

その摂取量が過剰になると、脳腫瘍や白血病などの疾患を引き起こす可能性を指摘している報告もあるので、注意が必要なんです。

体に良くない代表的な人工甘味料にはアスパルテーム以外にも、

  • サッカリン
  • アセスルファムカリウム
  • スクラロース

などが挙げられます。

サッカリンにおいてもアスパルテームと同じように、発がん性の可能性が指摘されていたりします。

アセスルファムカリウムの場合には、製造の過程で発がん性物質の塩化エチレンと媒介するので、この塩化エチレンが残っている可能性が不安視されているんです。

そしてスクラロースの場合には、動物性実験において死産や流産が報告されており糖尿病につながる可能性も指摘されているので、注意が必要なんです。

全ての人工甘味料が悪いとまでは言いませんが、人工甘味料の中ではこのように身体に悪影響を及ぼす可能性が指摘されているものもあるんです。

その原因としては今回紹介したような人工甘味料の蓄積性の問題であったり、代謝分解物の影響であったり、製造過程で使用されるもの影響であったりします。

人工甘味料を完全に避けることは難しいと思いますが、むやみに人工甘味料を好んで取り過ぎてしまうことで様々な体調不良の原因になっているのかもしれませんなので、人工甘味料を避けることができるときにはできるだけ避けてもらった方が無難と思います。

過去のブログでは人工甘味料や砂糖の代わりに摂取すると良い、おすすめの甘味料について紹介していますので是非、こちらの過去ブログについても確認してみてください。

最後に

今回はゼロカロリーの食品飲料が健康に良くない理由として、人工甘味料が使われているからという理由を説明しました。

人工甘味料は分解されない代わりに排泄もされにくいため、体にとって不健康な働きをしてしまう恐れがあります。

砂糖がいっぱい入っているジュースも確かに良くないですが、それと同じようにゼロカロリーの飲料にも注意が必要です。

今回のブルグを見て参考になったという人はぜひ購入前に原材料の欄を確認するようにしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました