google

たかがバナナされどバナナ

健康維持

効果的な食べ方や栄養素についてお話ししていきたいと思います。今回は美味しいバナナを食べたい、筋トレや運動にどんな効果を及ぼすのかも知りたい、ダイエット効果があるのかを知りたい、またこんな経験がある方はいますでしょうか?バナナに黒い斑点がたくさん出てきてしまった、バナナを食べて太ってしまった、バナナを冷蔵庫で保存してしまっている。もしこういった経験がある方がいましたらこの辺りについてもお話していきます。

バナナの選び方

バナナは色が緑がかった色はまだ熟してい若い状態で黄色味がかってくるてだんだんと熟し具合が良くなってきます。そして黒い点々が出てきたこれはシュガースポットと言いますが出てきたころが一番の食べ頃になります 。その時期を過ぎるとバナナは真っ黒になってしまいます。特段食べて問題があるわけでありませんが見た目も良くありませんし保存も利かなくなっています。可能であれば、できるだけ早く食べてしまいましょう。色に関しましては全体を見るよりも茎の部分を見た方がはっきりと全体の状態が分かると思います。

バナナの産地にこだわる

バナナは高地栽培されたものが美味しいと言われています 標高の高い場所で栽培する利点としては バナナにとってはあまり環境がなくない高地栽培では栄養をたくさん蓄えようとバナナがする関係で糖度が増すそうです。野菜や果物にストレスを与え糖度を貯えさせる栽培方法は、しばしば耳にします。 もし見かけましたら一度召し上がってみてはいかがでしょうか

バナナの主な栄養素

エネルギー、カリウム、マグネシウム、ビタミン B 群、食物繊維です。これらの効能をまとめますとバナナはカリウムによる高血圧予防の効果、マグネシウムによるストレス解消リラックス効果、ビタミン B 群による代謝促進の効果等です。そしてバナナの一番気にされる部分エネルギー、カロリーですよね。こちらエネルギーは一本あたりに86キロカロリー。これはご飯やパンに比べてかなり低い値となっております。ひと頃流行ったバナナダイエットってこのカロリーが低いところを利用して使われたりしています。

バナナの保存方法

バナナの保存法についてです。なんか吊るして保管するといいとか聞きますがそれ以外の方法として、こちらはあまり知られていないところでいいますとまずは何谷型に置くと接触面が多くて傷みやすいので山形に置くとおすすめです。また長く持たせたいのならバナナは、くっつき合っていると自ら発生させるカスで熟し具合が早くなるので一本一本切り離して保管することがお勧めです。逆に冬で寒い時期にね早く追熟させたい場合は、新聞紙とかタオルに包んでビニール袋に入れて暖房に聞いている暖かい部屋で保存することがいいです。

運動やダイエットに効果的

気になる方も多いと思うんですけれどもバナナは果たして運動やダイエットに本当に効くのか?こちらについて説明していきたいと思います。結論から言いますと運動やダイエット両方に効果があります。しかし効果はあるんですけれどもこれはしっかりバナナの特性を理解して正しく食べることで効果を最大限に生かせるようになります。ちょっと詳しく説明していきます。運動についてですが運動においてバナナを摂取する一番のメリットがエネルギーを瞬時に補給できるって言う事です。疲労回復効果がありますので運動後に食べる事でこの効力を音最大限に発揮することができます。また運動前に摂るメリットもあり何も食べていない場合は、バナナを食べる事がとても有効です。エネルギーが不足した状態で運動してしまいますと体は足りないアレルギーを筋肉を分解してやりくりしてしまいます。せっかくのトレーニングの効果もね半減してしまいます。ダイエットに関してバナナが向いている理由としてはは先ほども言ったようにカロリーの低さが挙げられます。1本あたりのカロリーが86キロカロリーしかないのでこれを利用したダイエット法がバナナダイエットになります。これは基本的にご飯やパンなどの炭水化物を減らしてバナナ1・2本に差し替えるっていうものが多いです。またこれらの食品よりカロリーが低いことに加えて、ご飯やパンとは違い血糖値を上げにくいこともあげられます。また食物繊維も豊富ですので整腸効果もありこれもダイエットに向いている理由の一つになります。

最後に

簡単にですがバナナについて調べてみたことを書いてみました。皆さんの何かのご参考になれば幸いです。

コメント