google

バナナが体を壊すって本当なの?

健康維持

近頃よくバナナは体にいいと聞きますが本当にバナナって体にいいんでしょうか。 しかしバナナって食べ過ぎると逆に特になるとも言われています。これって本当でしょうか。 今回は食べ方一つで毒になるかもしれないバナナについて調べていました。

バナナに含まれる必須の栄養素とは

食物繊維 

食物繊維は食事で摂った栄養素の吸収速度を遅くしたり有害物質を体外に排出する働きがあります 。食物繊維は腸の働きを健やかにします。腸の健康は毎日の暮らしを健康にするに必要なものです食物繊維は大事な栄養素の一つです。 また食物繊維は水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維があります。なんとバナナには水に溶けて便を柔らかくする水溶性食物繊維と便の量を増やして腸の働きを活性化する不溶性食物繊維の両方が含まれているんです。 バナナに含まれる豊富な食物繊維繊維の作業によって下痢の緩和や便秘の解消など整腸作用効果が期待されます。ちなみにバナナに含まれる食物繊維は食前などの空腹時に摂取すると効果が高まるそうです。 また食物繊維には血糖値の上昇を抑えたりコレステロール値を低下させる働きもあります。

糖質

バナナには良質な糖質をたくさん含まれています。 でんぷん、ブドウ糖、果糖、ショなどが糖含まれています。この良質な糖質は種類によって身体への吸収速度が変わります即効性のエネルギー補給だけでなく持久性のあるエネルギー補給もできるんです。これはよくバナナは栄養補給にぴったりな食材と言われる所以です。ですから運動前に食べるバナナはエネルギーは即効的にエネルギーになる糖質と持久的に長くエネルギーとして活躍してくれる糖質が含まれているので運動前には最適な食物です。

豊富なビタミン類

バーにはまたビタミンも豊富でビタミン B 1、ビタミン B 、ビタミン Bが含まれています。このビタミン B 群は人の体を健全に保つために欠かせない栄養素です。またこのビタミンも水溶性と脂溶性に分けられます。バナナには 水溶性ビタミンが多く含まれ主にエネルギー代謝を円滑にする役割を果たしています。このビタミン B 群は仮にたくさん摂取したとしても尿として排泄されますだから毎日コンスタントに摂取して行きたい栄養なんです。 少し詳しく説明するとビタミン B 1は糖質の代謝を助けるビタミンです。このビタミン B 1はダイエットにも欠かせない栄養素として知られています。そして中枢神経や末梢神経の働きを正常に保ち浮腫対策や疲労回復にも役立っています。ビタミン B 2、ビタミン B 2は脂質の代謝をサポートします。 体の成長や髪、皮膚や爪の健康を維持するためにも必要な栄養素です。このビタミン B 2が不足して起こる病気として口内炎があります。口内炎を起こしやすい方にもバナナおすすめな食材のひとつです。ビタミン B 6、ビタミン B 6はたんぱく質の代謝を助けるビタミンです。ビタミン B 6は髪の毛や皮膚科などの健康を維持します。また神経の働きを正常に保つ作業も持っています。 

 ビタミンは体の代謝に関わる大切な栄養素ですですから不足なく摂取することが大事なんです。 それにバナナに含まれるカリウムには体内の余分な塩分を排出して体のむくみを改善する効果も期待されています。これは血圧が高い人にも有効と言われています。 バナナに含まれる栄養素にナイアシンも含まれています。このナイアシンは脂質やアミノ酸の代謝を助けたり体の中でのエネルギー代謝を円滑にするビタミンでもあります。これは皮膚や粘膜の健康をサポートする働きを持っています。まだまだありますそれは葉酸も含まれています。葉酸は貧血対策などに必要な栄養素です。よく妊婦さんなどは積極的に摂ったほうがいいとかっていうことを聞いたこともあります。赤血球を作るのに必要なビタミン葉酸も含まれているんです。 次にマグネシウム、マグネシウムは魚や大豆などにも多く含まれています。果物の中で含有量が多いのは何とバナナなんです。このマグネシウムは約60%から65%は骨に含まれていて骨の健康の為にカルシウムと共にバランスよく摂取する必要がある栄養素です 。それにマグネシウムは300以上もある酵素の働きを保つためにも必要な栄養素です。ちなみにほねといえばカルシウムが大切と考えがちですがマグネシウムも大切な栄養素の一つなんです。マグネシウムは骨の正常な代謝を助け不整脈を防いだり体温や血圧の調整する働きを担っています。 それとよく耳にするポリフェノールも豊富に含んでいるんです。ポリフェノールと聞くと可愛いとイメージする方も多いと思われますがお酒が苦手な方でもバナナなら簡単に摂取しやすくて良いと思います。ポリフェノールの作用としては強い抗酸化作用があります。 ちなみにこのポリフェノールは若いバナナよりも熟したバナナの方に多く含まれているそうです。 まだまだ続きますバナナに含まれてる栄養としてトリプトファンもあります。トリプトファンは必須アミノ酸の一種で脳内の神経伝達物質であるセロトニンのもとになるものです。 これは気持ちが沈みがちな人や寝つきの悪いかな精神を落ち着かせたい時睡眠を促すといった働きが期待される栄養素です。 まとめてみるとバラの健康作用として期待できるものはお腹の調子を整える、エネルギーを補充する、代謝を高めて肌を綺麗に保つ、むくみを解消す、骨を強くする、抗酸化作用でアンチエイジング、そして睡眠改善。これだけ聞くと毎日バナナを食べた方がいいような気がしてきませんか。

バナナのデメリットとは

随分と多くのバナナのメリットをあげてきましたが、ならばバナナを食べれば食べるほどその効果が大きくなり健康パワーも多く発揮されると思われるかもしれませんが実は、食べ過ぎると逆に健康に悪影響を及ぼす場合があります。まず第一に腎臓の病気を持っている人。この腎臓を患ってる方は高カリウム血症になる危険性があります。健康な方ならば普通にカリウムの排出能力があるからいいのですが機能が低下してる方にはカリウムの排出能力が弱まっている関係で重い負担になってしまいます。 高カリウム血症症になると不整脈、脱力、体のしびれ、知覚過敏、嘔吐などの症状が現れてしまいます。 これらの症状は疲れている時や風邪の引き始めなどと言っているのでそれを放置してしまうと最悪の場合死亡する危険性もあります。 ですから心臓を洗ってる方はバナナ食べ過ぎには十分に注意してください。次に尿結石の原因となるシュウ酸と呼ばれる成分も多く含まれていることからバナナを食べ過ぎると尿結石を引き起こすことも考えられます。もし尿結石になった場合腎臓でできたシュウ酸の塊が尿道へ移動することにより強烈なに痛みを引き起こします。それに付け加え残尿感や尿がなかなか出ないという苦しいことも発生します。 バナナの食べ過ぎには注意してください。さらに食べ過ぎによるデメリットとしてアレルギーを発症させてしまうこともあると言われています。このアレルギーは後天性アレルギーと呼ばれる現象です。この症状としては食べた後に口の中や口の周りが痒くなったり胃がもたれたりといった不快な症状が現れます。 またこのアレルギーはひどくなった場合下痢や呼吸困難、蕁麻疹などの症状を引き起こすこともあります。この後天性アレルギーとはバナナに限らず同じものを食べ続けると起こしやすいと言われています。 ということでまとめるとバナナを食べ過ぎた場合腎臓が弱い人には高カリウム血症になる恐れがある健康な人でも尿結石の恐れがあり後天性アレルギー発症の原因ともなります。どんな健康に良い食べ物もそうですが食べ過ぎは毒にしかならないことが多いようです。 

最後に

バナナのあの甘さは、体に必要なものです。バナナに含まれるブドウ糖はすぐに脳のエネルギーの源となります。これは疲れている時や朝にブドウ糖を摂ると頭がすっきりとすると言われる所以です。この果糖はバナナ糖質の中で最も多く含まれていて血糖値を上げにくく緩やかに体内に吸収される性質を持っています。これが彼等を多く含むバナナが太りにくいと言われるわけです。 バナナはカロリーが高いと思われがちですが実はそれは誤解です。

バナナのカロリーは約100グラムあたり86キロカロリーです。 ちなみに比較としてご飯一杯150 G は約252キロカロリー食パン1枚80 G で約208キロカロリーですそれと比べるとカロリー的にはバナナはとても健康的な食品だと言えると思います 。毎日1~2本食べ続けてはいかがでしょうか。

コメント