細菌性食中毒に気を付けけて!

その他

日常の食事を楽しむ中で、私たちはしばしば見過ごしがちなリスクがあります。

それは「細菌性食中毒」。

食べ物や飲み物を通じて体内に入る細菌が引き起こすこの健康問題は、誰にでも起こり得るものです。

特に気温が上昇する夏場や、食材の取り扱いが不適切な場合にリスクが高まります。

細菌性食中毒の症状は軽度の腹痛や下痢から、重篤な場合には入院を要することもあります。

そのため、食中毒の予防方法や初期症状を知っておくことが重要です。

このブログでは、細菌性食中毒の原因、症状、予防方法について少しですが取り上げてみました。

正しい知識を身につけて、安全で健康的な食生活を送りましょう。

日本では、高温多湿な状態が続く6〜9月に細菌性の食中毒の発生率が高まります。

そして、原因となる細菌は、身近なキッチンに潜んでいることも。

簡単にできる3つの予防法を実践し、食中毒を起こさないように注意しましょう。

細菌性食中毒って?

細菌性食中毒は、カンピロバクター・O-157・サルモネラ菌などの細菌によって引き起こされる食中毒。下痢・腹痛・高熱などの症状が起こります。

これらの原因菌は、高温多湿の環境を好むため、夏場に多く発生するのが特徴です。

毎年数千人単位で、飲食店だけでなく家庭でも発生しています。

症状と対応

細菌性食中毒の主な症状には、腹痛、下痢、吐き気、嘔吐、発熱などがあります。

症状が現れた場合は、まず水分補給を心掛け、重症の場合は医師の診察を受けることが重要です。

家庭で食中毒にならないための3つの原則は?

1.食中毒菌を「つけない」

食中毒は原因となる細菌が食品に付着し、体内に入り込むことによって起こります。

細菌を食品につけないためには、正しい手洗いと食品・調理器具を適切に扱うことが重要です。
《手洗いのポイント》

  • 汚れたら手洗いをする。(調理前・トイレ後・生ものを触った後・鼻をかんだ後など)
  • 指のすき間など、洗いにくい部分も洗う。
  • 殺菌力のある石けんを使う。
  • 清潔なタオルやペーパータオルで手を拭く。

《食品と調理器具を扱うポイント》

  • 使うたびにまな板を洗う。
  • 生野菜など火を通さないものと、肉・魚に使うまな板と包丁を分ける。
  • バーベキュー・鉄板焼きでは、生の肉・魚を扱う箸と食べるための箸を分ける。
  • 食材は、清潔な密封容器に入れるか、ラップをかけて冷蔵保存する。

2.食中毒菌を「増やさない」

調理前の食材や惣菜は、速やかに冷蔵庫や冷凍庫で保管してください。

というのは、細菌の多くは10℃以下で増殖が遅くなり、マイナス15℃以下で増殖が停止するためです。

また、調理した料理は早めに食べることを心がけ、残ったおかずは直ちに冷蔵庫に入れましょう。

冷蔵庫を過信せず、早めに食べきることも大切です。

3.食中毒菌を「やっつける」

ほとんどの細菌は加熱をすれば死滅させることができます。肉や魚なら、中心部を75℃で1分以上加熱するのが目安です。

使用後のふきんやまな板といった調理器具にも細菌が付着しています。

洗剤で洗ってから、煮沸消毒するか熱湯をかけることで殺菌できます。

最後に

疲労・睡眠・栄養の状態などによって、同じものを食べても食中毒を起こす人と起こさない人がいます。

特に、暑い日が続いて体力が落ちているときは要注意。食事と休養をしっかりとり、普段から体調管理を心がけましょう。

そして細菌性食中毒は予防が可能です。

日常の食生活において、基本的な衛生管理と食品の取り扱いを徹底することで、食中毒のリスクを大幅に減らすことができます。

これらのポイントを意識して、安全で健康的な食生活を送りませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました