異常にモテる男の秘密

恋愛テクニック

心理コンサルタントが答える相談内容を覗いてみました。今回のクライアントからの要望は、異常にモテる男の秘密を教えてくださいということです。コンサルタントの人がクライアントさんのお話を詳しく聞くと

私の知り合いにめちゃくちゃモテる男がいます。彼はそんなかっこいいわけではないしお金があるわけでもないし性格もかなりじゃなくて女関係にもルーズなんです。

実は私が好きな女性が彼のことが気になっているみたいなのであいつと付き合うと浮気されるからやめたほうがいいよと忠告しているんですが彼女はだんだん彼の事が好きになっていってるみたいです。なんで女性は男のことを好きになるのでしょうか?

とのことです。このクライアントさんまたやっちゃってます。彼女がチャラ男のことを好きになっちゃったのはクライアントさんのせいかもしれませんよ。

google

カリギュラ効果ってなに?

今回は、禁止されればされるほど好きになるというカリギュラ効果というテクニックについてお話ししますね。 カリギュラ効果 効果ってなんやねん?と思った人も多いでしょうからカリギュラ効果につながるクイズをします。

第1問・この物語は何でしょう?

絶対に玉手箱を開けてはいけません

はい答えは、浦島太郎。

続いて第2問?

絶対に機織りしてる姿を見ないでください

はい答えは、鶴の恩返しでした。

感の鋭い方なら気づいたかも知れませんが実は、この二つの物語に共通点があるのですがなんだかわかりますか?

二つの物語に共通しているのは、見てはいけないと禁止されているということですね。そして結果として見てはいけないというのに主人公は見てしまったということです。

でも不思議に思いませんか?わざわざは見てはいけないと言われているのになぜ人は見てしまうのでしょうか?

それがカリギュラ効果ですカリギュラ効果で、人は禁止されるほどやってみたくなる心理が働くのです。 なぜカリギュラ効果が働くかというと人間にはもともと自由を奪われたり行動を強制されるとたとえそれが自分のためであっても反発反抗したくなる本能を持っているからと言われます。

例えば、子供の頃を思い出してみてください。親から勉強しなさい、歯磨きしなさい、ゲームばかりしないで宿題するんだのと言われて気持ちよく、はいと素直に返事ができた記憶はありますか?

もう今やろうと思ったのに、今やろうとしたことを先に親に言われてやる気が失せたり反発したりするものですよね。大人の場合だと上司に早くこの仕事を片付けろと言われたり、友達にあなた短気な人だねと決めつけられると言われると反発したくなるのも同じです 。

人は禁止されるほど反発する

これは心理的リアクタンスと言われ今回のお題のカリギュラ効果にも関わってきます。心理的リアクタンス。

なんだか言葉の響きは新しい生活様式のソーシャルディスタンスと似ていますね。心理的リアクタンスとは自分の選択の意思を人に奪われることに抵抗する心理です。つまり人間は自分の意思で決めたいという欲求の心理を持っているとされこれは社会心理学者のジャックブレイブが唱えたとされます。

しかもこの心理的リアクタンスは誰が禁止されたことをやりたいと思うだけではなく、その禁止行動に価値があって魅力があるって感じるようになるそうなんです。

それではあなたの恋愛を応援するべくカリギュラ効果に話を移していきましょう。このカリギュラ効果とは一言で言うと人は禁止されたり制限されたものを逆に求めてしまうという現象、先ほどの心理的リアクタンス自分の意思で決めたいという欲求自由を奪われたくないと大きく関わっていますね。

不倫や浮気も同じ心理作用が働く

禁酒されたり制限されたものを逆に求めてしまう。なんだか恋愛の話っぽくなってきましたね。不倫や浮気などの理由でもよく聞かれていませんか?カリギュラ効果の原理が分かっていないとせっかくのあなたのアプローチが逆効果になることもあります。先ほどのクライアントさんの話も好きな女性がチャラ男のことが気になっているみたいなので、あいつと付き合うと浮気されるからやめたほうがいいよと忠告したそうですがそんなふうに禁止するから逆に彼女はだんだん彼の事が好きになっていたんですよ。

このようにカリギュラ効果について知らないと良かれと思ってやったことが逆効果になったりします。またカリギュラ効果の原理が分かっているとダメ恋愛の予防にもなりますのでぜひ覚えておいてくださいね。さてカリギュラと連呼しておりますがこのカリギュラとはいったい何なのか?

カリギュラ効果の言葉の始まり

ちょっとお話ししておきましょう。1980年代に公開のアメリカ映画カリギュラは、カリスマ的なローマ皇帝が主人公の歴史映画です。しかしその内容はあまりにも過激、残虐シーンや性的なシーンの多い問題作品とされ風紀に厳しいボストン地方で上映禁止となってしまいました。

しかしボストン市民は上映禁止となったことで政府に禁止されるほどの映画とかえって興味を掻き立てられ近隣の街へ足を運ぶ人が続出、そしてカリギュラは大ヒットしたとのことです。当然、日本でもそのままの上映はされず規制がかかった映像での上映だったために規制のない状態の映画を見るための海外にツワーが組まれるほどでした。

このことからも欲求が途中で禁止されたり邪魔が入ると逆に人は興味津々になるという心理効果と結びつくわけです。

関心が無いものを禁止しても効果は生まれない

そこでちょっと注意して欲しいのがここまでの話を聞いて禁止すればいいのか?じゃあ彼女に俺と付き合ってはいけない、とか俺にLINEしてこないでとか言えばいいんだな。と思った人いませんか?

多分それ彼女は本当に付き合ってくれないでしょうしLINEもしてこないようになるでしょう。

なんだよ、禁止すればカリギュラ効果で相手が俺のことを好きになるんじゃないのと思ったかたは単純すぎますよ。禁止して余計に見たくなる、したくなる、付き合いたくなるというのはもともとそのことに関して興味があったり好きだったりする場合です。

例えば、勉強嫌いな子に今日から絶対勉強したら駄目だからななんて言ったらもう喜んで勉強せずに遊んでばっかりいるでしょう。これ当てはまる方多いんでは?

だから彼女があなたに対して好意を持っている状態ならあなたが禁止することでよりあなたに好意を持つと思いますがあなたに好意がない状態で禁止しても全く効果はないのです。

では、どうやれば彼女はあなたに好意を持つようになるでしょうか?色々な方法があるのですが一番効果的な方法はあなたがモテる男になるということです。

いやいや、それができたら苦労しないよと思いましたか?ではなぜモテる男になると彼女はあなたに好意を持つようになるのでしょうか?

人は他人の評価をそのまま受け入れてしまう

人間は、他の人が高く評価するものは価値があると感じるのです。

例えば、彼女に指輪をプレゼントする時にAにダイヤのBに指輪ガラスの指輪。どちらが喜ばれるでしょうか?

そんなの絶対、ダイヤの指輪ですよね。でも不思議ですよね、よくよく考えてみたら見た目は、ほとんど同じなんですからダイヤかガラスの違いなんて一般人にはなかなか見分けがつきませんよね。じゃあ何でダイヤの方が価値があると感じるのでしょうか?

それは皆がダイヤの方が価値があると考えるからです。いやいやダイヤを欲しがるのはそっちの方が金額が高いし価値があるからだと思われると思いますがこんなドッキリ企画をご存知でしょうか?

高級レストランでレトルト食品を出したら気づくのかというあるテレビ番組のドッキリでは、ほとんどの人が気づきませんでした。当然、味覚の鋭い人やプロは騙せんがほとんどの人がやっぱりいつも食べてるものとは違うね、と感じたそうです。

料理は、いつも食べていた料理なのに高級レストランだったらおいしいに違いないという思い込みが人間の味覚まで変えてしまったのです。つまりあなたが他の女性にとって価値ある男になれば好きな女性にとっても価値ある男になってあなたのことが欲しくなります。真の価値より思い込みによる価値が勝ることがあるということです。

女性は本能的に価値のある男性を欲する

なぜなら女性は、一般的に価値のある男を本能的に欲しがるからです。女性は、男性と違って同時に多数の子孫を残すことはできません。男性は女性と交われば交わるほどたくさんの子孫を残すことができるのでなるべくたくさんの女性と交わろうとしますが女性は妊娠したら出産するまで子孫を残せないのでです。

ですからたくさんの男と交わるよりもなるべく価値の高い男とその時に交わりたいと思います。価値ある男ならそれだけ有能な子孫を残せる可能性が高いです。ですからなるべくモテる多くの人が評価する男を本能的に求めるのです。

ということで彼女から好意を得たければモテる男になればいいわけです。どうやってモテる男になればいいかは他のブログを参考していただくことにして、今回は彼女に好意を持ってもらったらどのようにカリギュラ効果を使えば良いかのテクニックを伝授しますね。

カリギュラ効果のテクニック

盛り上がりの途中で切る

例えば、楽しくLINEの交換をしてたとします。そうしたらこれ以上LINEすると楽しくて寝られなくなるからおやすみ、これ以上話すと遅くなるからまた今度ね、このようにこれ以上するとだからと途中で楽しみを終わらせるんです。

こうなると逆もっとLINEしたいし、話したくなります。だからあえて途中で禁止することであなたとの連絡を取ったり話すのが女性にとって楽しみになるのです。

誘いを敢えて断る

女性からの誘いをあえて断る。好きな女性からの誘いを受けたら一回断ってみてください。ただし完全に断るのではなく断った後のアフターケアも大切なポイントになります。

例えば、ごめん先っき断って、仕事何とかずらせたよ、と断った後に本当は君と会いたかったかのように、君のために時間を作ったかのように印象を与えると相手のテンションは上がります。もちろん毎回やると相手も慣れてしまうので使う頻度はほどほどにしましょう。

二人だけの秘密を共有する

二人だけの秘密だからねと囁く、これ君にしか言ってないからと言われると女性はあなたを意識します。そして秘密を共有すると誰かに話したいという衝動にも駆られるのです。話したいという衝動に駆られるたびに、でも二人だけの秘密だから言っちゃだめだよねとあなたのことを思い出すでしょう。彼女が意識する機会が増えれば増えるほど恋心が芽生えて行きます。

また自分だけにしか話してないという特別感もたまりません。二人だけの秘密を作る度、彼女の気持ちに変化が加わっていくでしょう。

LINEの返信を遅らせる

自分からLINEをして急に返信を遅らせる。気を引きたい人にLINEを送ってもなかなか返信が来ないとソワソワしてしまう。そしてようやく待ちに待った返信が来たら嬉しくてすぐに返信、こんなことしてませんか?でもちょっと待ってください。あなたからの返信を安売りしないでください。

他にも相手がいるように匂わせる

わざとモテる男アピールする。気になる女性の気を引くには、この間デートに行ったんだけどおんな友達とこんな話ししたんだなどモテる男をアピールしていきましょう。ただし嫌味にならない程度にです。それと女性はデートしてるのは私だけじゃないの?と焦りと自分のものにしたいという気持ちが掻き立てられます。何度も言いますがあくまでも駆け引きなので過剰にアピールするのはNGです。

この場合、遊ばれているように感じる冷めてしまうリスクもありますので気を引く程度に匂わせる所に止めましょう。

最後に

以上のようなカリギュラ効果のテクニックを使って是非、彼女のハートをGETしてみてください。と心理コンサルタントさんの言葉で終わりたいと思います。

コメント