花粉症

スポンサー
スポンサー

花粉症

私は、スギ花粉のアレルギーを持っています。スギの花粉が舞う季節が今年もやってきました。今年は昨年より少ないと予想されいますけれど私には関係ないんです。花粉が多かろうが少なかろうが目がショボショボ、鼻は詰まってるし鼻水の流れる量が半端ない。対策としては、何だかんだ言っても医者に行くのが一番です。医者の処方してくれる薬は効く⤴ただ、医者に行く欠点は、混んでる・・・。とにかく腹が立つほど混んでる。混む要因の一つである自分自身を棚に上げ置いてなんだが兎に角混んでる。せっかくの休みの殆どが待ち時間で潰れてしまう。しかも花粉の季節はインフルエンザと重なるし今年はコロナウイルスもあり尚更病院の待合室で何時間も待っていたくない、そうなると市販の薬に頼らざる負えない。同じ花粉仲間に聞くと進められる薬もあるが体質が違うので進められた薬が効く訳でもない。結局買って試すしかない。

花粉のアレルギーを緩和させる種類には大きく分けて目薬、点鼻液、塗り薬、飲み薬がありました。花粉症の初期の時、5年位前ですが突然目が痒くなり初めは花粉が原因だと分からず単に汚い手で目を擦ったからかな?って程度に感じていました。そう感じたのは、それまで花粉症の症状がまったく出ていなかったからで自分より先に発症した人の気持ちなど全然理解出来ませんでした。失礼な話しですけど花粉症で鼻をかみ過ぎて真っ赤な鼻をしている人などを見て笑っていました。大きなクシャミを連発したり目を擦り過ぎて真っ赤な目をしている人そんな人達の気持ちを微塵も理解できない生活をしてましたから。そんな中自分も目の痒みが止まらず花粉症とも気付かずに普通の目薬を購入して点眼していました。

初期の頃は、これでも充分に対応出来ていたんです。点眼すると症状が和らぎ1日に数回点眼すれば問題なく生活出来ていたので花粉症と気付かずにその年は過ぎました。が又同じ時期に又目がショボショボしだして涙が止まらない状態になり周りからは間違いなく花粉症だから検査受けた方がいいと進められましたがどうしても認めたくない自分が心の中にもう1人いました。これは違う安い目薬だから効果ないんだと勝手な解釈で目薬を調べて薬には 第1類・第2類 ・第3類 とかに分かれてるいることを知りました。自分が使っていたのは第3類で第3類とは、

第3類医薬品とは、第1類・第2類医薬品以外の一般用医薬品。
ドリンク剤の「リポビタンDロイヤル」や整腸剤、消化剤などが製品例に挙げられる。

第3類医薬品は、薬剤師もしくは登録販売者から購入できる。一般従事者からの購入も、薬剤師や登録販売者の管理・指導の下であれば可能。ネット販売・通信販売が許可されている一般用医薬品であり、販売時の情報提供に関する法的制限(義務)は存在しない。

ってネット調べるとあっが今一つ意味が分からない。もう少し調べてみたら薬には必ずに副作用があるらしいその副作用の程度が分ける上で関わっているみたいです。

一般用医薬品のリスク区分  薬事法の規定では

第1類医薬品

• その副作用等により日常生活 に支障を来す程度の健康被害を生ずるおそれがある医薬品であっ て、その使用に関し特に注意が必 要なものとして厚生労働大臣が指定するもの

• 新一般用医薬品として承認を 受けてから厚生労働省令で定め る期間を経過しないもの (一般用医薬品としての使用経験が少ない等安全性上特に注意を要する成分を含むもの)

第2類医薬品

その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害を生ずるおそれがある医薬品であって厚生労働大臣が指定するもの ※第一類医薬品を除く(まれに入院相当以上の健康被害が生じる可能性がある成分を含むもの)

【指定第2類医薬品】 ・第二類医薬品のうち、特別の注意を要するものとして厚生労働大臣が指定するもの(情報を提供するための設備から7m以内の範囲に陳列するなどの措置をとる)

第3類医薬品

第一類及び第二類以外の一般 用医薬品 の (日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれがあるもの)

こんな感じで分けられて3類はリスクは低い分効果も薄いって勝手に判断してます。市販薬事態そんなに効果があるとも思えない中で特に効果ないのでは症状が良くならないのは仕方ないと思って勝手に納得して少しでも効果あるを探し始めました。花粉症に効果のある目薬探しを始めてみるとあるわあるわ値段しか見ていなかった自分が恥ずかしいくらいに種類がありました。その中でも値段の安いものを探して検討してみて見つけたのがこれ

【第2類医薬品】ロートアルガード 10ml

価格:405円
(2020/2/20 13:06時点)
感想(0件)

なんとなく効果ありそうだしテレビコマーシャルで見たし値段も今まで使用してきたものと大差ないので試してみました。気持ちの問題かもしてませんが症状は楽になりましたね。ほんとならこれを購入した時点で花粉症を認めないといけないんですけど認めたくなかったですね。まだ。

ただ花粉症って厄介なもので毎年キチンとやってくるんですよ。しかも年々症状も悪化して。

目だけに症状が出ていた頃はよかったのですが症状は目だけに留まらずに今度はクシャミに出てきました。突然に鼻がムズムズしだしてどうにもならずにクシャミが連発、デカいし五月蠅い上に所かまわず出る、しかも出た後に変なひと言も言うようになってきたし(クシャミの後に馬鹿野郎って)もう目薬だけでは対応出来ないので内服薬を買おうかと思ったのですが意味もなく内服薬は最後の手段だって思い込んでてクシャミに対応出来る薬を探しました。点鼻薬って鼻の中に入った花粉を出すだけで特に効能のあるものを見つけられなかったので水道の水で鼻の中を洗って対応してました。そんなこんな状態が続いてこれはもう花粉症だろうと諦めてアレルギー検査を受けました、そしたら出ましたスギ花粉アレルギーしかも他の花粉のオマケ付きで。

それからは病院で診断を受け処方箋で対応してたんですが始めにお話しした通りに病院は、混むこむコム混むと言うことで目の痒みとクシャミそして昨年あたりから鼻水が出始めましたので内服薬も検討し、きちんと薬剤師さんとも相談して内服薬を昨年から飲んでいます。飲んだ内服薬は

薬剤師さんも進めもあり試してみましたが確かに症状は緩和されたのですが自分はなんか喉が渇く上になんか違和感が出て一箱飲んだ所で違うものも試してみました次に試したのは

【スイッチOTC】【第2類医薬品】アレグラFX 28錠

価格:1,223円
(2020/2/20 13:41時点)
感想(0件)

これもテレビコマーシャルでもやってるので薬剤師さんに薦められるままに購入して試しましたがこれも確かに効果あるのですがやっぱり違和感が取れないので次に買うときには変えようと思いました。それで次は

今回は薬剤師さんが不在でしたので自分一人で選びました。箱に書いてある事見ながら探してみましたがどれがいいのか一向に分かりません。こういう時に自分のとる行動は決まって安いものを選びます(笑)けれど今回はこれが正解でした。今までの物より違和感が少なくて効果も変わりないので昨年から続けています。薬は体質がにより良し悪しがあるのでお薦めすることはしません。ただ今の自分には合ってますね。ただ花粉症は今以上に酷くなれば又お薬探しをしなければいけません。新薬もぞくぞくと出てくるでしょうに。けど薬も大切ですけれど家にいる時などの対応も考えないと家にいる時にクシャミに連続ではたまりませんので今家でしてる対応も投稿してみたいと思います。