肝臓の強い味方 しじみについて簡単に説明してみた

個別食材の栄養素

しじみはとても栄養価が高い食べ物として、昔から日本人の食生活にとり入れられてきました。

さまざまな栄養素が含まれ、カラダにとってうれしい効果が期待できます。

肝臓の強い味方 しじみの栄養成分と効果

オルニチン…二日酔いの緩和

アミノ酸の一種であるオルニチンが肝臓の働きを助け、アルコールの分解を速めてくれると言われています。

お酒を飲み過ぎた場合は、寝る前にしじみ汁を飲むと二日酔い防止になるとも言われています。

ビタミンB2…成長促進

カラダの成長に欠かせないビタミンB2が多く含まれています。

皮膚・髪・爪の細胞の再生に役立ちます。

ビタミンB12…肩こり・腰痛の緩和

赤いビタミンと呼ばれ、造血に欠かすことのできないビタミンB12が含まれています。

末梢神経を正常にする働きがあるため、肩こりや腰痛の緩和にも繋がるとされています。

鉄分…貧血予防

鉄分も含まれるため、貧血の予防にも効果を期待できます。

しじみのおいしい食べ方

しじみのうま味や栄養を無駄なくとるなら、味噌汁が1番です。

味噌には肝機能を高める働きがあり、しじみとの相乗効果が期待できます。

調理のポイントとして、しじみは加熱しすぎると風味を損うので、煮過ぎや再加熱はなるべく避け、口が開いたらすぐに火を止めましょう。

しじみは栄養成分が豊富な健康食材です。

日々の食生活にとり入れたいですが料理のレパートリーがどうもという方には、毎日摂取出来るサプリの活用もありだと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました