分かり合えない理由? 男女で違う浮気の目的と理由について

恋愛テクニック

今回は、男女で違う浮気の目的やその後の行動についてです。

男女とも浮気は絶対に許さないが基本かもしれませんが、仮に男性の場合浮気の言い訳として、ほんの出来心だったんだよというようなシーンがお決まりですよね。

逆に女性が浮気したシーンでは、パートナーが相手にしてくれない、あなたが構ってくれなくて寂しかったのなどのような寂しさや不安の解消のための言い訳が多いです。

共に言い訳は言い訳ですが、実はこのような浮気をする理由は理にかなっているのです。

浮気の目的や浮気された後の行動は、浮気された理由や相手によって全然違ってくるんです。

今回は科学的に男女の浮気に対する目的や理由の違いについてお伝えていきます。

分かり合えない理由? 男女で違う浮気の目的と理由について

浮気の目的の違いその1・男は回数、女は質

男性の浮気は、回数重視でより多くの女性と経験をするための浮気をしますが女性の浮気は、質重視でより良い相手に出会うための浮気をします。

ビラノバ大学の研究では、男女1089名を対象に男女それぞれ浮気に対する理由について調査した結果、女性が浮気する理由は、より良いパートナーと出会うためでしたが男性は、たまたまチャンスがあったからの理由が上位にあったそうです。

男性は女性と違い回数重視で、体だけの気軽な浮気をしていました。

浮気の回数は女性よりも男性の方が多かったのですが、浮気をして付き合っていた彼氏や彼女と別れた割合は、女性の浮気の方が2倍高かったのです。

女性の浮気は本気?

これはつまり女性の浮気の方が本気であり、体だけでなく心からの浮気をしていることが多い傾向があります。

生物学観点から男性は自分の遺伝子をたくさんすることが重要になるので、質より量を優先して体を許してくれる不特定多数の女性相手を探します。

女性は赤ちゃんを産んで安全に育てる必要があるので、量より質を優先し自分にとって整った環境を提供してくれる献身的な相手を探すことが目的となります。

インディアナ大学含む共同研究で927人の男女を対象にした調査では、男性の浮気の原因が性欲が強いことと性的な能力の不安が浮気をしやすい原因となりました。

女性の浮気の原因はパートナーとの関係、幸福度が低いことが大きな原因となりました。

さらにパートナーと身体の相性が悪いことで浮気をする確率は、男性より女性の方が多く3倍の差がありましたまた。

男性の大きな一物は浮気の原因になる?

原因の一つに男性のあそこの大きさが2.5センチ長くなるにつれて、浮気する確率が1.5倍高まる研究データもあります。

なぜ大きいとダメなのかは、女性の体を痛めてしまう可能性が高まるからです。

なので大きすぎると女性に痛みを与えてしまう可能性が高まるんです。

性生活に満足できていると女性の浮気確率が低くなることも分かっているので、痛みを与えないで満足できるためにも男性側の配慮は重要となります。

男性は性的能力を否定されると浮気に走る

また男性は性的な能力の不安こそが浮気の大きな理由となりますので、女性は普段の性行為で否定するような言葉を絶対に使ってはいけません。

男性を褒めて自信を持たせてあげることも円滑な関係性を築くために重要です。

浮気の目的の違いその2・男性は体の浮気 女性は心の浮気に怒りを感じる

男性は身体の浮気、女性は心の浮気の方が耐え難い。

これは調査した研究で男性は体の動きがより怒りを感じて、女性は心の動きがより怒りを感じることがわかりました。

この研究はミシガン大学を含む男女の浮気に関する感情反応の研究で285人を対象に調査した結果です。

男性は肉体的な理由があることがとにかく許せないのですが、女性は精神的な繋がりがある浮気がゆるせないと答えが多かったそうです。

これにも生物学理由が当てはまり、男性にとって体の浮気をされるということは遺伝子を含め失うものが多くあるので、生物学的な理由でより耐え難いのです。

また女性にとって心の浮気をされるということは、子供を安全に守る環境を失うので耐え難いのですね。

浮気の目的の違いその3・男性は同性の浮気なら許せるが女性は同性でも許し難い

男性は女性同士の浮気の方が許せて、女性は異性の浮気の方が許せるのです。

テキサス大学の705名の大学生の男女を対象とした研究で、男性は女性同士の浮気に寛容であり女性が男性同士の浮気に厳しいことを明らかにしました。

男性は浮気相手が同性の女性の場合には50%が許して交際を続けるのに対し、浮気相手が異性である男性の場合には交際を続けるのは22%でした。

そして女性の場合は女性が浮気相手がいるときに28パーセントが許し交際を続けるのに対し、浮気相手が同性の男性の場合には交際を続けるのは21%だったそうです。

男性は浮気の相手が異性と同性でかなり割合が異なり、女性同士の同性での浮気の場合には2人に1人は許せるという結果になりました。

女性はどちらとも許せる割合が低いながらも同性の動きの方が許せないことがわかりました。

男性からしたら女性と浮気されても子供ができることはないですが、男性と浮気されたら子供の父親がわからなくなるので生物学的な理由から異性の浮気は危険性が高く許しがたくなってます。

最後に

男性と女性との浮気の違いをお話ししましたが、生物学的な観点から求めるものが違いが大きいようです。

お互いを理解し思いやれる事が、パートナーの浮気に歯止めをかける最善の方法かもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました