足がつった時の対応策を内科医に聞いてみた

その他

今回は足がつるのは、なぜなのか?

急に足がつると幹部の辛い痛み、気持ちも焦ってしまい恐いですよね。

では足がつらないようにするには、どうすればいいのかについて解説をしていきたいと思います。

スポーツや慣れない長時間の歩行などで足の疲労が蓄積された時又は、寝ている時に足がつるという経験をされた方は多いんじゃないでしょうか?

また普段から足がつりやすくて悩んでいたり大事な試合があるから絶対につりたくないという時に心配になってる方もいると思います。

足がつるのは何故?

そこで今回のブログでは、

  • 足がつる現象について
  • 足がつらないための予防法について
  • 足がつってしまった時の対応について、

順を追って説明していきたいと思います。

足がつる現象

始めに足がつるという現象は自分の意識とは無関係を意識に起こる筋肉の痙攣のことを言いますので、ふくらはぎにある腓腹筋という筋肉で起きやすく通称こむら返りと言ったりすることも多いと思います。

足がつる原因については、筋肉の使い過ぎと関係していることが多いようです。

スポーツや運動後に起きることが多いのも、筋肉の使いすぎと関係があると思います。

またカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどの電解質や水分が不足することによってもなりますので、運動不足に伴う発汗や脱水も原因になりますので注意をする必要があると思います。

足がつらない為の予防法

次に足がつらないための4つの予防法について、説明していきたいと思います。

足がつらないための予防法1・運動前の準備運動

足がつらないための予防法その1は、こちらも運動前に十分にストレッチや準備運動するということです。

使っていない筋肉ほど疲労が蓄積されやすいので、運動前にしっかりと筋肉をほぐしておくことが大事なんです。

足がつらないための予防法2・水分、ミネラルの補給

足がつらないための予防法その2は、こちら水分やミネラルを十分にとりましょう。

野菜や果物、牛乳、海藻類を日頃より積極的に摂るということがおお勧めです。

また運動の最中では、電解質が十分に入った水分を摂るようにしてください。

足がつらないための予防法3・ビタミンB1,タウリンの摂取

足がつらないための予防法その3は、こちらビタミンB1やタウリンを摂取しましょう。

ビタミンB1やタウリンは、疲労回復に効果的なんです。

ビタミンB1,タウリンが多く含む食品として、

  • 豚肉
  • 牛乳
  • 豆類
  • イカ
  • タコ

などに多く含まれていますので、これらの食材を日頃より積極的に摂ることをお勧めします。

足がつらないための予防法4・冷やさない

足がつらないための予防法その4は、こちらの筋肉を冷やさないということです。

冷えは筋肉の血行不良を引き起こし、より足がつりやすい状態になってしまいます。

なので運動の時にはすぐに薄着になるのではなく、体が冷えないようにしっかりと着るなど服の調節をしてください。

足がつってた時の対応

次に足がつってしまった時の対応について、説明していきたいと思います。

足がつってしまったらまずは、つった部分の筋肉をしっかりと伸ばすようにしてください。

その後痛みが和らいできたタイミングで、ふくらはぎのマッサージをしたり温めるのもいいと思います。

また芍薬甘草湯という漢方薬は、痛みを和らげたり痙攣を和らげたりする作用があり即効性がありますので試してみてもいいかと思います。

なお頻繁に足がつるという人は、腎不全、糖尿病、肝硬変、甲状腺機能低下症など何らかの基礎疾患が背景にある可能性がありますので、繰り返す場合には医療機関を受診するようにしてください。

最後に

足がつるのは筋肉の疲労や電解質水分不足が原因のことが多いです。

なので対応策として、

  • 運動前に十分にストレッチや準備運動する
  • 水分やミネラルを十分に補充する
  • ビタミンB1やタウリンを摂取する
  • 筋肉を冷やさない

などを心がけてみてもらうと良いと思います。

そして足がつってしまった時には、つった筋肉を伸ばす、温めるマッサージをするなどの対応をしてみて下さい。

そして頻繁に足がつるという人は、腎不全、糖尿病、肝硬変、甲状腺機能低下症など何らかの基礎疾患が背景にある可能性がありますので、繰り返す場合には医療機関を受診するようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました