アスパラガスの健康効果とは?その驚くべき栄養価

個別食材の栄養素

代表的な春野菜の1つのアスパラガス。

アスパラガスはβ-カロテンなどの抗酸化栄養素を含んでおり、美容や老化防止に効果的。

さらに、スタミナ強化に働くアスパラギン酸もたっぷり含まれています。

ダイエットにもうれしいアスパラパワーに注目してみましょう。

アスパラガスの健康効果

アスパラガスは春の訪れを告げる季節野菜として人気がありますが、実はその健康効果も凄いんです。

そのアスパラガスの栄養価や健康効果は、

  1. ビタミン・ミネラルが豊富 アスパラガスにはビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンKといった豊富なビタミン類が含まれています。また、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、カルシウムなどのミネラルも含まれており、多くの栄養を摂取することができます。
  2. 抗酸化作用がある アスパラガスには、抗酸化作用のある成分が含まれています。特にグルタチオンという抗酸化物質は、細胞の老化を防ぐ働きがあります。抗酸化作用により、体内の酸化ストレスを軽減し、健康をサポートします。
  3. 利尿作用がある アスパラガスには利尿作用があり、尿の排出を促す効果があります。これにより、体内の余分な水分や老廃物を排出し、むくみの改善や高血圧予防に効果的です。
  4. ダイエットにも効果的 アスパラガスは低カロリーでありながら、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は腸内環境を整え、便通を促進する効果があります。また、低カロリーながら満足感を得られるので、ダイエット中にもおすすめの食材です。
  5. 免疫力を高める アスパラガスに含まれるビタミンやミネラルは免疫力を高める効果があります。特にビタミンCは免疫力をサポートし、風邪やインフルエンザなどの感染症から身体を守る働きがあります。

以上のように、アスパラガスには多くの健康効果があります。

ビタミンやミネラルの豊富さ、抗酸化作用、利尿作用、ダイエット効果、免疫力向上などがその代表的な効果です。

また、アスパラガスは調理方法によっても健康効果が変わります。

生で食べるのが一般的ですが、蒸したり、オリーブオイルで炒めたりすることで、栄養素を効果的に摂取することができます。

アスパラガスを取り入れる方法としては、サラダや炒め物、スープ、グリルなど様々な料理に使うことができます。

特に春の季節には新鮮なアスパラガスが市場に多く出回るので、積極的に取り入れて健康をサポートしましょう。

しかし、アスパラガスには硬い部分があるので、食べやすくするためには下の方を削り落とすか、下の方を切り落としてから調理するのがお勧めです。

アスパラガスが持つ栄養素

アスパラガスには多くの栄養素が含まれていますが、特にアスパラガスに多く含まれ健康効果に期待できる栄養素2点を取り上げてみます。

アスパラガスが持つ栄養素1・アスパラギン酸

アスパラガスは、アミノ酸の一種のアスパラギン酸を含んでいます。

アスパラギン酸は糖質の代謝をサポートし、疲労回復や新陳代謝を活発にしたりするとされています。代謝が上がると消費エネルギーも増えるので、ダイエットの後押しに。

またカリウム・マグネシウム・カルシウムなどのミネラルと結合して、細胞に運ぶはたらきもしています。

アスパラガスが持つ栄養素2・ルチン

穂先に含まれる成分で、毛細血管を強化したり、高血圧を予防すると言われています。

ビタミンCの吸収を促進するとされているので、パプリカなどとあわせて摂ると栄養価も上がり彩りも良くなるのでおすすめです。

その他、抗酸化栄養素であるβ-カロテン・ビタミンE・ビタミンC、女性に積極的にとって欲しい葉酸なども豊富に含まれています。ダイエットだけではなく、美肌作りにも繋がります。

アスパラガスの種類とその違い

グリーンアスパラガス

一番人気があり、集荷量も多い種類です。日光をたくさん浴びて育つため、β―カロテン・カリウム・葉酸・ビタミンCなどの栄養価は、ホワイトアスパラガスより高くなります。

ホワイトアスパラガス

春から初夏にかけては国内産が出回ります。

グリーンアスパラガスと品種は同じですが、日光を当てずに栽培するため、白いアスパラになります。

味わいはクリーミーで、水煮缶詰用に加工されることが多いですが、栄養価ではグリーンアスパラガスに劣ります。

ミニアスパラガス

グリーンアスパラガスの株から生える小さなもので品種や栄養価は同じです。細く小ぶりなので見た目がかわいく調理も簡単です。

アスパラガスをおいしく食べるコツ

おいしく食べるコツは、新鮮なものを選び、短時間で調理すること。

選ぶときは、穂先がかたく締まっていて、茎が太くまっすぐに伸び、切り口がみずみずしいものをチョイスしましょう。

調理するときは、切らずに長いまま根本から茹でること。

そうすることで、旨味や栄養成分の流出を防ぐことができます。特にアスパラギン酸は熱に弱いため、加熱しすぎは禁物ですよ。

ビタミンの流出を抑えるために、焼いたり揚げたりして楽しんでみてはいかがでしょうか。

最後に

さまざまな料理に活用でき、見た目も鮮やかなアスパラガス。

生命力豊かな野菜パワーをとり込んで、ダイエットの味方にしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました