知っているようで知らない! 食物アレルギーって何?

その他

近年では、食生活の変化や世間への認知度の高まり、アレルギーを検査が身近な医療機関で検査が出来るなど食物アレルギーに関して気になる方や注意している方も多いと思います。

そして食後、皮膚が赤くなったり、湿疹が出たなど「もしかして、食物アレルギー?」と自分自身や身近な人がもしやと思ったことはありませんか?

実は現在、乳児から成人まで3人に1人が何かしらのアレルギーを持っていると言われています。

では、そもそもアレルギーとは何なの?

アレルギーのメカニズムや症状は?

などをまとめてみました。

食物アレルギーって何?

通常、食べ物は栄養素として体に吸収されます。

しかし体が食べ物を異物と捉えて、じん麻疹や咳などの症状が起こることをアレルギー反応と言います。

食物アレルギーとは、異物への反応。

つまりアレルゲンが原因で起こる免疫による過敏な反応です。

そしてアレルゲンの多くは、動植物由来のタンパク質がほとんどと言われています。。

食物アレルギーのメカニズム

食物アレルギーは、食べてすぐに表れるイメージがありますが、食物アレルギーは大きく分けて、

  • 即時型アレルギー反応
  • 非即時型アレルギー反応

の2つのタイプがあります。

即時型アレルギー反応

食物アレルギーのほとんどが即時型アレルギー反応タイプです。

IgE抗体という私たちの体の中にあるタンパク質が介在して起こります。

このIgE抗体が、食べ物で摂取したアレルゲンと出会うことでアレルギー反応が現れます。

つまり摂取した食べ物は、アレルゲンを残したまま腸から吸収された後、血液にのって全身に運ばれIgE抗体と出会うことで、皮膚・鼻・喉・目・腸などでさまざまな症状を起こしてしまうのです。

即時型の場合、食べ物を摂取してから約2時間以内にアレルギー反応を起こすことが多いと言われています。

また、一人ひとり免疫反応に違いがあるため、卵に対するIgE抗体を作る人、牛乳に対するIgE抗体を作る人などがいます。

このことが、卵アレルギーを持つ人、牛乳アレルギーを持つ人を決める要因の一つとなります。

※IgEは免疫グロブリンの一種で、身体のなかに入ってきたアレルギーの原因物質(アレルゲン)に対して働きかけ、身体を守る機能を持つ抗体です。

IgE抗体は普通は血液中にとても少ないのですが、アレルギー体質の場合は血液中に大量のIgE抗体が存在するといわれています。

IgE抗体は肥満細胞と呼ばれる細胞と結合しており、アレルゲンと出会うことによって、この肥満細胞からヒスタミンが放出されます。

このヒスタミンによりアレルギー反応が引き起こされます。

そのため、ドックや健診ではアレルギー疾患のスクリーニング検査として用いられています。

非即時型アレルギー反応

即時型に対して、IgE抗体を持たないものを非即時型アレルギー反応と言います。

その原因は、実はまだ研究段階ですがT細胞というリンパ球が原因ではないかと考えられています。

食べ物を摂取してから数時間後に湿疹やかゆみなどの皮膚症状が現れるのが特徴です。

食物アレルギーの症状

摂取するアレルゲンの量や年齢によって異なりますが、皮膚粘膜症状・消化器症状・呼吸器症状の順に現れやすいとされており、最も重い症状として生命にかかわるアナフィラキシーショックを起こすこともあります。

主なアレルギー症状は次の通りです。

皮膚への症状

  • じん麻疹
  • 湿疹
  • かゆみ
  • 赤み

粘膜への症状 

  • 充血
  • 涙目
  • 喉のかゆみ
  • 口内や目が赤く腫れる

消化器への症状

  • 腹痛
  • 嘔吐
  • 下痢

呼吸器への症状

  • くしゃみ
  • 鼻づまり
  • 鼻水
  • 呼吸困難

全身への症状 

  • アナフィラキシーショック(頻脈・血圧低下・活動性低下・意識障害)

どの症状も自覚でき、中には緊急を要する症状もあるので注意が必要です。

アレルギー物質を含む食品表示の義務と推奨

アレルギー表示の対象品目は28品目です。

その中でも特に症状が重く、症例数が多い7品目については、食品表示の義務があります。

症例数が比較的少ないか、重篤な例が少ない21品目については、食品表示が推奨されています。

【表示義務のあるもの7品目】

  1. 小麦
  2. 落花生(ピーナッツ)
  3. エビ
  4. そば
  5. カニ

【表示推奨されているもの21品目】

  1. イクラ
  2. キウイ
  3. くるみ
  4. 大豆
  5. バナナ
  6. 山芋
  7. カシューナッツ
  8. もも
  9. ごま
  10. さば
  11. イカ
  12. 鶏肉
  13. りんご
  14. まつたけ
  15. あわび
  16. オレンジ
  17. 牛肉
  18. ゼラチン
  19. 豚肉
  20. やまいも

最後に

乳児期に発症した食物アレルギーは、自然に症状が落ち着いていく例が多いと言われています。

しかし幼児から成人で発症したものは。治りにくいと言われています。

食事が原因と思われるアレルギー症状が出たら、食べた物を思い出し書き留めたり、食品表示を確認したりして、心配な場合は、専門医に相談しましょう。

心配であれば、アレルギー検査を受ける事もお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました