二十四節気

スポンサー
信仰・縁起物

日本には移り変わる四季があります。 春夏秋冬で表される四季ですが、日本にはさら細かく季節を分類した二十四節気(にじゅうしせっき)という物があるのをご存知の方もおられるでしょうが、 普段は気にかけていない季節の節目も、その意味や行事を知ると季節の移り変わりをより感じる事ができます。 それぞれの意味や特徴について調べてみたいと思います。

 

『二十四節気』

二十四節気とはそもそもどんなものなのか、文字通り1年を季節ごとに24等分したもので、その分割点にはそれぞれに季節を表す名前がついています。

2月4日頃の「立春」を起点に24分割されています。

太陰暦を使用していた時代、月の満ち欠けだけを考慮した暦だと季節との間にずれが生じるため、実際の季節を表すために考え出されたのが二十四節気です。

二十四節気は太陽の黄道上(太陽の通り道)の位置によって算出されるもので、毎年必ず同じ日付になるわけではありません。 

季節の節目「八節」

暦の上では立春から立夏までが「春」、立夏から立秋までを「夏」、立秋から立冬までを「秋」、立冬から立春までを「冬」というように四分割されています。

それぞれ季節の中日にはそれぞれ春分・夏至・秋分・冬至という節気があり、二至二分と言われています。これらに立春・立夏・立秋・立冬の四立を加えた8つを合わせて八節とも言います。

この八節の間にそれぞれ2つずつ節気が加わり、すべて合わせて二十四節気となります。

暦の上での春

立春(りっしゅん 2/4頃)

正月節とも言います。二十四節気の起点です。立春の前日は「節分」にあたり、豆まきをしたり恵方巻きを食べたりします。

雨水(うすい 2/19頃)

空から降る物が雪から雨にかわり、雪が溶け始める頃。昔から農耕の準備を始める目安とされてきました。

啓蟄(けいちつ 3/6頃)

大地が温まり冬眠をしていた虫が穴から出てくる頃という意味。実際に虫が活動を始めるのはもう少し先です。

春分(しゅんぶん 3/21頃)

春分の日。昼と夜の長さがほぼ等しくなる日。お彼岸の中日にあたります。この日を挟んで7日間が春のお彼岸です。

清明(せいめい 4/5頃)

万物がすがすがしく明るく美しい頃。様々な花が咲き乱れ、お花見などが見頃の時期です。

穀雨(こくう 4/20頃)

田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨が降る頃。穀雨の終わり頃には八十八夜があります。茶摘みの季節です。

暦の上での夏

立夏(りっか 5/6頃)

八節の一つ。夏の気配が感じられる頃。夏の始まりです。この日から立秋の前日までを暦の上では夏と分類されます。

小満(しょうまん 5/21頃)

万物が次第に成長して、一定の大きさに達してくる頃。沖縄では次の節気と合わせた小満芒種という語が梅雨の意味として使われています。

芒種(ぼうしゅ 6/6頃)

芒(ノギ:イネ科の植物の籾殻にある刺のような物)を持った植物の種をまく頃。実際の種まきはもう少し早い時期に行われます。西日本では梅雨入りの頃。

夏至(げし 6/21頃)

北半球では一年の内でもっとも昼の時間が長い日。日本の大部分では梅雨の時期であり、あまり実感されないようです。

小暑(しょうしょ 7/7頃)

梅雨明けが近づき、暑さが本格的になる頃。小暑の終わり頃に夏の土用に入る。小暑から立秋までの間が「暑中」で、暑中見舞いはこの期間に送ります。

大暑(だいしょ 7/23頃)

快晴が続き、気温が上がり続ける頃。暑の終わり頃から始まった夏の土用は、大暑の間中続きます。 

暦の上での秋

立秋(りっしゅう 8/8頃)

八節の一つ。初めて秋の気配現れてくる頃とされています。秋の始まりです。暦の上では暑さの頂点とされ、この翌日から白露までの間が「残暑」となります。

処暑(しょしょ 8/23頃)

暑さが峠を越え、後退し始める頃。二百十日という雑節があり、この日は台風襲来の特異日とされています。

白露(はくろ 9/8頃)

大気が冷えてきて、露ができはじめる頃。二百二十日という雑節があります。八朔(旧暦8月1日)・二百十日・二百二十日を農家の三大厄日とも言われます。

秋分(しゅうぶん 9/23頃)

秋分の日。昼と夜の長さがほぼ等しくなる日。お彼岸の中日にあたります。この日を挟んで7日間が秋のお彼岸です。

寒露(かんろ 10/8頃)

露が冷気によって凍りそうになる頃。朝晩の冷えを感じ始める頃。菊の花が咲き始め、山の木々の葉が紅葉し始める頃です。

霜降(しもふり 10/23頃)

露が冷気によって霜となって降り始める頃。山が紅葉で色づき始める。この日から立冬までの間に吹く寒い北風を「木枯らし」と呼びます。

暦の上での冬

立冬(りっとう 11/7頃)

八節の一つ。初めて冬の気配が現れてくる日。冬の始まりです。この日から立春の前日までを暦の上では冬と分類されます。

小雪(しょうせつ 11/22頃)

わずかながら雪が降り始める頃。本格的な冬の到来がすぐそこに感じられる時季です。

大雪(だいせつ 12/7頃)

雪が激しく降り始める頃。寒い地方では根雪になる雪が降り始めます。鰤などの冬の魚の漁が盛んになり、南天の実が赤く色づく頃。

冬至(とうじ 12/22頃)

北半球では一年の内でもっとも昼の時間が短い日。冬至かぼちゃを食べたり、ゆず湯に入って体を温めたりする習慣があります。

小寒(しょうかん 1/5頃)

暦の上で寒さが厳しくなる時期の前半。この日から寒中見舞いを。小寒から立春までの間が「寒中」といいこの日を「寒の入り」とも呼びます。

大寒(だいかん 1/20頃)

寒さが最も厳しくなる頃。昔は大寒の朝の水は一年間腐らないと言われ、この「寒の水」を使って味噌、酒、醤油などを仕込んだそうです。 

二十四節気の覚え方

1月=小寒[しょうかん]、大寒[だいかん] 「だんだん寒くなる」

2月=立春[りっしゅん]、雨水[うすい]  「春近し、薄い服準備」

3月=啓蟄[けいちつ]、春分[しゅんぶん]  「虫這い出し春本番」

4月=清明[せいめい]、穀雨[こくう]  「生命の雨、穀物実る」

5月=立夏[りっか]、小満[しょうまん] 「夏近し、SHOWMANの季節」

6月=芒種[ぼうしゅ]、夏至[げし]  「防臭必要、夏本番」

7月=小暑[しょうしょ]、大暑[だいしょ] 「だんだん暑くなる」

8月=立秋[りっしゅう]、処暑[しょしょ] 「秋近し、されどまだ暑い」

9月=白露[はくろ]、秋分[しゅうぶん] 「露白く、秋本番」

10月=寒露[かんろ]、霜降[しもふり]  「露寒く、霜降りる」

11月=立冬[りっとう]、小雪[しょうせつ] 「冬近し、小雪ちらつく」

12月=大雪[だいせつ]、冬至[とうじ]  「大雪となり冬本番」 

現在の暦の月ごとに覚えてみても面白いかもしれません。八節や対になっている暑中や寒中などはセットで覚えてみると覚えやすいとおもいます。

日本には本当にたくさんの季節の節目があります。二十四節気を知ると暦を見る時にも今がどういった季節なのか、より深く考えるきっかけにかもしれません。


解説記事二十四節気
二十四節気は、太陰暦の日付と季節を一致させる為に考案されたもので、明治五年まで使用された太陰太陽暦のひとつ、天保暦もこれを使用していました。現在「旧暦」とよばれている暦はこの天保暦の規則に準拠した暦ですから、「旧暦」の日付を決定するためには、二十四節気が必要となります。この二十四節気は、今でも季節の移り変わりを表す言葉として用いられ、ニュースなどでも採り上げられるのを時々耳にします。中でも立春・春分・秋分・夏至・冬至などはなじみのある言葉でしょう。春分、秋分の日のように祝日になっているものまであります。
 

二十四節気の期間
「2/4 は立春」のような使われ方をすることが多いですが、「立春の日」というような場合は、これを立春の節入り日と云い、立春という期間の始まりの日を表す使い方です。立春自体はこの立春の節入り日から始まり、二十四節気の次の「雨水」の節入り日の直前の日までの約15日間続きます。二十四節気の言葉は、節入りの日を指す場合と、区切られた15日程の期間を指す両方の使い方があるのです。
 

二至二分・四立・八節
二十四節気成立に先立って、二至(冬至と夏至)二分(春分と秋分)がまず考え出され、その後に二至二分の四つの点のを二つに分割した点として立春・立夏・立秋・立冬(四立)が作られたと私は考えています。二至二分と四立はあわせて八節と呼ばれます。二十四節気はこの八節を更に細分化したものです。八節が細分化され「十六」にならず、「二十四」になったのは、一年が「十二ヶ月」であることから季節と暦月を関連づけるために、八と十二の最小公倍数となる二十四が選ばれたのだと考えます。
 

二十四節気と旧暦の関係
上の表中に「正月節」、「二月中」などの記述がありますが、「中」は旧暦の月の名前を決定するために用いられます。原則として「二月中」を含む月は「二月」となります
 

二十四節気の求め方
二十四節気の求め方には一年の日数を二十四等分(15.22日)し名付ける恒気法)と太陽の黄道(太陽が一年で一回りする天球上の道筋)上の位置を二十四等分(角度で15度)し、その点を太陽が通過する瞬間で決定する定気法があります。日本における暦では、寛政暦までは恒気法による二十四節気を、最後の太陰太陽暦となった天保暦では定気法による二十四節気を採用しました。現在政府から官報の暦要項として毎年公表される二十四節気は後者の角度による方式、定気法によって求められています。
 

暦便覧について
二十四節気の説明の中で引用している「暦便覧」とは、太玄斎の書いた暦の解説書で天明七年(1787)に出版されたものです。現在国立国会図書館及び東京大学が収蔵ています。国会図書館の蔵書では「和古書・漢籍」に分類されており、マイクロフィルム記録版が閲覧出来ます。

コメント